シェア

沼津港深海水族館で生きたオンデンザメを世界初展示!→7日目に死亡

Twitter/沼津港深海水族館

Twitter/沼津港深海水族館

静岡県沼津市にある沼津港深海水族館で3月18日より展示されていたオンデンザメだが、残念なことに本日死亡が確認された。

生きたままの展示は世界初とのこと

オンデンザメは4メートルほどもある大きなサメ。輸送が難しく、サイズに合った水槽もないため、沼津港深海水族館の館長は「生きたままの展示は例がなく、おそらく世界で初めて」とコメントしていた。

今回展示されたオンデンザメは、1メートル70センチほどのサイズ。捕獲時に深海魚の手当てができるスタッフがいたなどの幸運が重なり、展示に至ったという。

オンデンザメの解体ショーが行われたことも

2014年の8月には、「ヨコハマおもしろ水族館」内のイベント「深海祭り」で、体長約3メートル半のオンデンザメとの記念撮影や解体ショーが行われたことがある。

ヨコハマおもしろ水族館

若干悪趣味ともいえるイベントだが、貴重なサメだからこそ開催されたことがよくわかる。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング