シェア

治療費は約70万円!大ケガをしたノラ猫を救ったペットショップ店員に称賛の声

mkaypopham/imgur

mkaypopham/imgur

毎日エサをもらいに来る顔見知りのネコ―。ピクルスと呼ばれているそのネコは、imgurユーザーのmkaypophamさんにとっては、そんな存在だった。

そんなピクルスのために、mkaypophamさん取った行動に称賛の声が寄せられている。

5日間行方不明だったピクルス

毎日、mkaypophamさんの職場であるペットショップを訪れていたピクルス。しかし、ある日を境に5日間も姿を消したのだという。

そして再び現れたピクルスは、こんな姿になっていた。

mkaypopham/imgur

mkaypopham/imgur

どこかで事故にあい、傷を負っていたのだ。アゴは砕けており、ショッキングな写真なのでここには載せないが、お腹の内部に膿がたまり、大きく膨れていた。

長期間の治療が必要だった

mkaypophamさんはピクルスを動物病院に連れて行き、治療を受けさせた。

▼45日間の入院後の写真

mkaypopham/imgur

mkaypopham/imgur

だいぶ元気を取り戻しているように見えるが、この時点ではまだアゴにワイヤーが入っている状態だったという。

▼ワイヤーを外した後の写真

mkaypopham/imgur

mkaypopham/imgur

まだ身体には痛々しい傷が残っている。

すっかり元気を取り戻した

現在のピクルスの姿がこちらだ。

mkaypopham/imgur

mkaypopham/imgur

mkaypopham/imgur

mkaypopham/imgur

大ケガをしたのがウソのように元気を取り戻し、現在ではmkaypophamさんと一緒に暮らしている。

▼先住ネコといつも同じ格好で寝ているそう

6

mkaypopham/imgur

mkaypopham/imgur

治療にかかった金額は6000ドル

2月29日、mkaypophamさんは元気を取り戻したピクルス「最高のイエネコ」と紹介し、そのエピソードを画像共有掲示板のimgurに投稿した。

実はピクルスの治療費には6000ドル(約68万円)がかかったそうだ。

この投稿に届いたコメントは900件近く。そのほとんどが「このネコはタフで、命を救ったあなたは聖人だ」「言っとくけど、あんたのことがスゲー好きだ。周りの人も気づいているだろうけど、最高だ」「ありがとう」などなどの称賛やピクルスのかわいらしさを褒める声だ。

mkaypophamさんは一連の反応に、「ピクルスがありがとうって言ってる」とこんな写真を投稿した。

mkaypopham/imgur

mkaypopham/imgur

ピクルスの存在を「いてくれるだけで飼い主を幸せにしてくれる」と説明している。

    Posted: |Updated:

    Text by

      前の記事を見る

      次の記事を見る

      注目の記事

      Ranking