シェア

「今度は話そう」他人と交流を避けていた元兵士が写真投稿に返事

oopsfukd/imgur

oopsfukd/imgur

6月14日、海外掲示板のimgurに投稿された1枚の写真が注目を集めた。

その写真がこちらだ。

oopsfukd/imgur

oopsfukd/imgur

迷彩服を着た男性と、その横に座る1匹のワンコの写真だが、単なるほほえましい光景ではないようだ。

ジャドビル包囲戦を経験した兵士

この写真を投稿したoopsfukd氏によると、近所に住んでいるという写真の男性は、「ジャドビル包囲戦」を経験した退役軍人なのだという。

1961年9月、コンゴ共和国で起こったコンゴ動乱中に起こった「ジャドビル包囲戦」は、国連軍として参加したアイルランド人兵士と、独立を主張していた勢力のカタンガ憲兵隊による戦いだ。

150名程度だったアイルランド兵に対して、カタンガ憲兵隊は3000人以上。

圧倒的に不利な状態の戦闘は6日間にわたり、アイルランド兵たちは敗北して捕らえられた。

驚くことに、アイルランド側に死者は出なかったという。

この出来事は2016年に「ジャドヴィル包囲戦 -6日間の戦い-」というタイトルで映画化されている。

人と関わろうとしない男性

oopsfukd氏によると、彼の苦悩はコンゴから帰ってきたからといって終わらなかったという。

その後何年間も「戦いを放棄した臆病者」という目で見られ、男性は他人と関わることをやめたそうだ。

彼の人柄を物語る写真だった

男性は老いた愛犬を毎日担き、この場所にやってきては静かな時間を過ごしているという。

「見知らぬ人々のために戦った軍人のために、この投稿を広めてほしい」と、oopsfukd氏はコメントしている。

1日で40万回以上閲覧された

この投稿は1日で40万回以上閲覧され、「彼らにはメダル以上のものが与えられるべきだ」や退役軍人たちへの感謝の言葉など、500件を超えるコメントが投稿された。

写真の男性から投稿が

すると、kindred7という人物が、「この写真に写っているのは私だ」と投稿。

投稿主が書いている彼自身のことについては、すべて正しいことを認めた。

本物かどうかを疑う声については「ただoopsfukd氏に私もimgurを使っているって伝えたかったんだ。プライバシーを明かさずに、本物だって証明する方法がわからないよ」とコメントしている。

それまで人と関わろうとしなかったというkindred7氏。

投稿主に対して「今度は声をかけてね。少し話をして、もっといい写真を撮ろう」と提案している。

自分の写真が注目を集めたことが、彼に何らかの変化を与えたのかもしれない。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking