シェア

なんにでもなり切れる美人コスプレイヤーが美しすぎて二次元レベル

Alyson Tabbitha/Instagram

Alyson Tabbitha/Instagram

「コスプレ」への気合の入れ方は人それぞれだ。ハロウィンに量販店で購入したグッズで楽しむという人もいれば、衣装を自作し、時間をかけてメイクをする人もいる。

Instagram上に50万人近いフォロワーのいるAlyson Tabbithaさんは、持ち前の美貌と器用さで、数々のキャラクターになり切ってしまう女性だ。

彼女のすごさは、実際にコスプレをした姿を見るとよくわかる。

どう見てもジョニー・デップ!

まずはこちらを見てほしい。

まるで、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの映画のワンシーンのようだが、これはAlysonさんのコスプレ。ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウにしか見えない。

とはいえ、もともとの顔を見てみると、そこまで似ているというわけではなさそうだ。

目を小さく見せたり、影を上手く描き込んだりといった「メイク力」で似せているようだ。

▼メイクのチュートリアル動画も公開している

▼途中はこうなる

ジャック・スパロウだけではなく、エドワード・シザーハンズ(「シザーハンズ」)もかなりのクオリティだ。

見事なコスプレが

ジョニー・デップだけではなく、他のコスプレを見てもかなりのクオリティだ。

▼ワンダーウーマン

▼アンジェリーナ・ジョリーが演じたララ・クロフト「トゥームレイダー」

▼我愛羅「ナルト」

▼ミラ・ジョヴォヴィッチが演じたリー・ルー「フィフス・エレメント」

▼トム・クルーズが演じたレスタト「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」

ゲームキャラクターのコスプレは、彼女自身がCGに見えてくる美しさだ。

▼アラネア・ハイウィンド「ファイナルファンタジーXIV」

▼ルナフレーナ・ノックス・フルーレ 「ファイナルファンタジーXV」

▼ウィドウメイカー「 オーバーウォッチ」

▼「ファイナルファンタジーXIII」のライトニングになり切ったときには、思わずワンコも興奮したよう

コスプレは「最高」や「完璧」を目指すものではない

コスプレアイテムはすべて自作。コスプレアイテムの制作や販売も行っているというAlysonさんは、コスプレについてInstagram上でこのように語っている。

コスプレは「最高」や「完璧」を目指すものではないの。タレントショーでもミスコンでもない。何かになり切って、現実から離れる機会なの。友達作りの方法だし、コミュニティだし、想像力の表現手段。ときにはとっても癒されるし、それ以上のものでもあるわ。

楽しんでいるからこそ、次々と新しいものに挑戦できるのかもしれない。今後はどんなコスプレ姿を見せてくれるのか楽しみだ。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking