シェア

ロンドンのとあるコンビニが、クリスマスも休まず店を開ける理由に感動

Meet & Deep News/Facebook

Meet & Deep News/Facebook

世界各地で、大小さまざまなドラマが生まれた2017年のクリスマス。英ロンドン郊外のトゥイッケナムでは、ヒンドゥー教徒の夫妻が経営する小さなコンビニエンスストアが発したメッセージが人々の心を温めた。

孤独な人にはハグとパイを

トゥイッケナムにあるコンビニエンスストア「Meet & Deep」は、インドからの移民であるPatel夫妻が営む。

夫妻は12月19日、自身のFacebook上でこんなお知らせを投稿した。

私たちはクリスマスも12時から2時まで営業します。もしあなたが一人ぼっちなら、お店に来てください。ハグとミンスパイを差し上げますよ。何も買わなくてもいいんです。私たちは家族だから。

5万6500件以上のシェア

この投稿は、公開から1週間もたたないうちに3万8000人以上がリアクションし、5万6500件以上のシェアを受けた。

コメント欄には、「久しぶりに見たとっても素敵なメッセージ。あなたのような人が、世界中にいればいいのに」「真のクリスマス精神だ」「なんて美しい行いなんだ」「見るたびに泣ける写真」「ビジネス的にも、ハグやミンスパイがクリスマスに必要な人にも最高だ。勝者だ!」などなど、称賛の声があふれている。

8年前からの恒例営業

Meet & Deepがクリスマス営業を始めたのは、8年ほど前。店の常連であり、近隣に住むドロシーさんが強盗にあったことがきっかけだ。

落ち込んでいたドロシーさんを励まそうと、クリスマスに店を開き、Facebookの呼びかけで集まった人々がドロシーさんのために集まった。

ドロシーさんの手元にはプレゼントが集まり、彼女は「人生最高のクリスマスだった」と語ったそうだ。

昨年は150~200名以上の人々が集まったとのこと。今年のクリスマスも、とてもおだやかに人々を受け入れたようだ。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング