シェア

子供が生まれそう…路上の苦しそうな女性のためバスを停めた運転手に称賛の声

Milwaukee County Transit System/Facebook

Milwaukee County Transit System/Facebook

米ウィスコンシン州のバス運転手が、称賛の声を集めている。

バスを止めた運転手

クリスマスイブの日、ミルウォーキー市内でバスを運転していたTayetta Currinさん。その日は雪が降り、とても冷え込んでいたという。

Currinさんは、路上を歩く1人の女性の様子がおかしいことに気づいた。バス停ではなかったが、バスを停めてドアを開け、女性に大丈夫かと聞くと、こう返ってきた。

「子供が生まれそうな気がする…」

Milwaukee County Transit System/Facebook

Milwaukee County Transit System/Facebook

その言葉を聞いたCurrinさんは、運行を中止。ひとりでは階段を上がれない女性を、抱きかかえるようにして暖かい車内に誘導し、救急車を呼んだ。

事態に気づいた乗客2人も、Currinさんと妊婦に手を貸して救急車の到着まで励ましたという。

Milwaukee County Transit System/Facebook

Milwaukee County Transit System/Facebook

まだ妊娠7ヵ月だということは聞き出せたが、陣痛のため会話は難しい状態だったそうだ。

乗客も納得の対応

救急車が来るまでバスはその場に停まることになったが、乗客も彼女の対応に納得していたようだ。

バスの運行を管理しているミルウォーキー郡トランジットシステムは1月3日、「Tayetta の優しい行動のおかげで安全なエンディングを迎えた」との言葉とともに、この出来事を紹介した。

コメント欄には、「ありがとう、あなたはいい人だ」「嵐の中の天使でいてくれてありがとう」「よくやった!」など、感謝や称賛の声が投稿には寄せられている。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング