シェア

勝っても負けても楽しもう!ラグビー試合後のファン同士の交流が微笑ましい

markpentler/Twitter

markpentler/Twitter

NatWest 6 Nations Championshipにて2月11日、スコットランド対フランスのラグビーの試合が行われた。スコットランドのエジンバラでは、なんとも微笑ましい“ファン同士の交流”が目撃された。

それがこちらだ。

地面に座り込んだ人々が、ダイブしてきた他人を、歓声をあげながらウェーブのように手を動かして運んでいる。

飛んでいる気分を味わえそうな、なんとも楽しそうなアトラクションだ。道で見ていた人々や“Come On!”と声をかけられた大人たちが、次々と挑戦していく姿も微笑ましい。

事故を防ぐためか、一団の背後にはカラーコーンが置かれている。

3日間で再生回数は90万回以上

動画は2月11日に投稿されると、3日間で90万回以上再生。さらに8600件を超えるリツイートと、2万3000件以上のいいねを集めた。

返信には「ロンドンで、エジンバラってどういうところ?って聞かれた時にいい回答になる」「時々人間が好きになるよ」「酔っぱらっていたんだね」「私たちはスコットランドの楽しみ方を知っている」「スコットランド大好き」など、微笑ましい光景を楽しんだ人々からのコメントが寄せられている。

敵チームのファンと仲良しに

見事な連係プレーを見せている彼らだが、実はスコットランドチームとフランスチームのファンが一緒になって行ったそうだ。

試合は32対26で、スコットランドが勝利した。

動画をよく見てみると、先頭の男性はスコットランドの民族衣装を身に着けている。さらに、おそろいのベレー帽をかぶっている人もいる。実は以前から両チームのファン同士で交流があり、おそろいのベレー帽を作っているそうだ。

このグループの一員だという女性によると、彼らはその後、オックスフォードのバーに移動したのだとか。

そしてそこでも大盛り上がりだったという。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング