シェア

豚小屋にひざまずく彼氏…地味だけどステキなプロポーズ!

Emily Geisler-Lingren/Facebook

Emily Geisler-Lingren/Facebook

「豚小屋」と聞いてロマンチックなシーンを思い浮かべる人はまずいないだろう。そんな豚小屋でプロポーズし、見事に成功した男性がいる。

子豚が助けたプロポーズ

米アイオワ州で養豚場を営むBenjamin Shiversさんは、Emily Geisler-Lingrenさんと交際して2年になる男性だ。

サプライズでプロポーズをしたいと考えた彼は、彼女の姉と姪、そして子豚たちの力を借りることにした。

その様子がこちらだ。

姪が学校で発表に使うために、仕事風景を撮影させて欲しいと言われたEmilyさん。Benjaminさんと豚たちのいる小屋を見回っていると、ある異変に気付いて足を止めた。

Emilyさんが気づいた異変は、子豚の背中にある文字が書かれているというもの。その文字を続けて読むと、「Emily, will you marry me?(エミリー、結婚してくれないか?)」。

驚いたEmilyさんが後ろを振り返ると、Benjaminさんがひざまずき、ダイヤモンドの指輪を差し出していたのだ!

感動して思わず泣きだしてしまったEmilyさんを、Benjaminさんはしっかりと抱きしめた。

2人らしいプロポーズ

豚さんに見守られながらの普段着でのプロポーズ。ロマンチックではないが、このカップルらしさが愛らしい、とても記憶に残るものとなった。

2人とも実家は農家。7年前にお互いの友人を通して知り合っていたふたり。そのときはそれで終わったが、2016年に州の畜産イベントで再会して交際に発展したのだという。

農場かアイオワ州のイベント会場での結婚式を考えており、このプロポーズはまさにふたりらしいものだったようだ。

人より豚が多いアイオワ州

Emilyさんが2月16日に自身のFacebook上でプロポーズの様子を投稿すると、ローカルニュースだけではなく、全国放送でも取り上げられることとなった。

アイオワ州は全米一、養豚が盛んな州。人口1人に対して、豚が7匹いるという。

The Kansas City Starは「Only in Iowa(アイオワ州に限る)」とのタイトルで、このプロポーズを取り上げた。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング