シェア

「火事の際にはツイートの前に避難を」思わず納得の避難マニュアル

SmartSign/Flickr

SmartSign/Flickr

アメリカの政治学者であるイアン・ブレマーさんが、思わず「確かに!」と言いたくなる画像をTwitterに投稿した。

それがこちらだ。

「2018年、すべての避難マニュアルを更新した方がいい」とのコメントともに投稿された画像には、非常階段と思われるとところにいる人物と、すぐ背後まで迫っている炎が描かれている。

画像に書かれているのが、「火事の際にはツイートをする前に、建物から出てください」という言葉。思わず笑ってしまうが、確かに必要な一文だ。

▼通常は「火事の際にはエレベーターではなく階段を使用してください」

In Case of Fire

1650件近い「いいね」

4月30日に投稿されたこのツイートは、1日で1650件近い「いいね」を集めた。

「すばらしい助言だ!」「インドでもこれは必要だ」などの反応が寄せられている。日本でもこの看板設置した方がいいかもしれない。

調べてみると画像に書かれている文章は、ジョークとして知られているもののようだ。

この文章が書かれたポスターやTシャツが、アマゾンなどでも販売されている。

以前からあるアドバイス

10年近いTwitter歴の人もいる中、避難マニュアルの更新が必要なのは、今に始まったことではない。

2014年にはライターのDuncan Rileyさんが、「ヨーロッパから賢いアドバイス」とのコメントとともに、こちらの画像を投稿している。

こちらの画像には、「火事の場合、ソーシャルメディアに投稿する前に、建物から出てください」と書かれている。

ジャーナリストのVivian Schillerさんは、「Twitterのニューヨークオフィスにあった」として、この画像を投稿している。

さすがに避難する前にツイートをする人はいないだろうが、火事を発見して通報する前にツイートをしてしまう人は多そうだ。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング