シェア

1日1匹犬を撫でる9歳の男の子のSNSアカウントを4万人がフォロー

IvePetThatDog/Twitter

IvePetThatDog/Twitter

4万人のフォロワーがいる9歳の男の子!その投稿に癒される人続出

Twitterという世界に癒しをもたらしている9歳の男の子がいる。それが、Gideonくんという9歳の男の子だ。Twitterの自己紹介欄にはこう書かれている。

僕の名前はGideon。イヌを撫でるのが好きな9歳の男の子です。今までに撫でたことのあるイヌの写真を投稿します

自己紹介の通り、彼のTwitterにはワンコを撫でるGideonくんと、Gideonくんに撫でられるワンコの写真ばかりが投稿されている。

撫でたワンコは300匹以上!

Twitterの開設は最近だが、Gideonくんがワンコを撫で始め、その写真をブログに投稿し始めたのは2016年の9月から。2018年の5月15日、彼は300匹目のワンコを撫でている。

クレメンタインを撫でました。彼女は生後10週間のコッカースパニエルの子犬です。お母さんはミルクが出ないから、子犬を生んだばかりのシーズー犬に育てられています。クレメンタインは抱っこと遊ぶのが大好きです。綱引きも大好きです。彼女は僕が撫でた300匹目です!!

そんな300匹のうちのほんの一部がこちらだ。

ケイシャとゾロを撫でました。彼らはシベリアンハスキーです。人間の食べ物だけを食べたがり、手に入れるためには努力を惜しみません。泳ぐのと1日中遊ぶのが大好きです。

ブルーノを撫でました。最初にブルーノを撫でたのは、彼がまだ子犬だった2016年の10月です。彼は本当に大きくなりました! クリーム色をしたダックスフンドです。彼はダウンタウンを散歩して、新しい人と会うのが好きです。

▼保護犬の飼い主探しに手を貸すことも

エッタを撫でました。6歳のピットブルとテリアのミックスです。彼女は兄弟のオーティスとともに、新しい家族を探しています。エッタとオーティスはほかのワンコは好きではありませんが、お互いのことは大好きです。元気があり、撫でられるのが大好きです。

▼撫でられてうれしそうなワンコたち

いずれも元保護犬だ。

▼ワンコもGideonくんに興味津々

アカウントに癒される人が続出

とてもシンプルなアカウントだが、4月4日にアカウントを開設してたった6週間で、すでに4万人ものフォロワーがいる。

海外のメディアもGideonくんを取り上げており、VICEの取材で「どうしてこのアカウントを始めようと思ったの?」と聞かれた際には、「ワンコが大好きだから」「いったいどれぐらいのワンコと会えるか知りたかったから」「人々にすべてのワンコのことを知ってほしいから」と、3つの理由を挙げている。

どうして300匹ものワンコに会えたのかというと、路上で地道にワンコを探し、飼い主に「撫でてもいいですか?」と聞いているのだという。「1日1匹」が目標だとか。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング