シェア

「アメリカで亡き父と写真を撮った日本人を探しています」ネットの投稿が話題に

cuddlethegiantdeathkitty/imgur

cuddlethegiantdeathkitty/imgur

海外の画像共有掲示板imgurで6月6日、日本人に向けたメッセージが投稿され、2日間で14万人以上が閲覧している。

その内容がこちらだ。

Looking for one of those internet miracles…

写真は数年前に夢のハーレーを手に入れて、バイク旅を始めたというお父さんだ。

ある日、バイカー姿に身を固めたお父さんが米カリフォルニア州ヴァレーホにあるレストストップに立ち寄ると、日本人観光客を乗せたバスが到着した。

そしてお父さんの姿を見て、周りに集まり、記念撮影大会が始まったそうだ。お父さんの周りには、笑顔が広がり、人々は親指を立ててその姿を称えたそうだ。

4月にお父さんは他界

投稿者の「cuddlethegiantdeathkitty」さんにとって、これはお父さんが語ってくれた小話の中でも、お気に入りのひとつだったとか。

そんなお父さんは、4月に他界した。

今、投稿主が願っているのは「その時に撮影された写真を見ること」。

「父の思い出として、ぜひともぜひとも、その写真を見たいんです」と、父親に見覚えのある日本人観光客を探してimgurに投稿したのだ。

思わず写真を撮りたくなるほどのアメリカン・バイカーだったというので、きっとかなり“サマ”になっていたのだろう。

詳細は不明

米カリフォルニア州ヴァレーホは、ワインで有名なナパヴァレーにほど近く、また南に行くとサンフランシスコが位置している。

シックスフラッグス・ディスカバリー・キングダムというテーマパークはあるが、観光の目的地にはなりにくいため、バスに乗っていた人でも地名を聞いてピンと来ないかもしれない。

「家族うちで語られた小話」であり、具体的な時期やレストエリアの場所は不明なのだという。

ただし、お父さんは相手が日本人の観光客だと確信していたそうだ。

ちなみにヴァレーホ最大のレストエリアは、I-80にあるハンターヒル・レストエリアだ。

日本語でも呼びかけが広がる

情報提供を呼びかける声は、日本のTwitterでも広がっている。

当該の投稿は、現在までに5万回近くリツイートされて拡散中だ。

このことを知ったcuddlethegiantdeathkittyさんは、「こんなにも多くの人が、会ったこともないのに助けてくれるなんてすばらしいよ」とコメントしている。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング