シェア

事故で脳に障害を負った男性が、娘に贈った“小銭の貯金”が温かい

morganp_2018/Twitter

morganp_2018/Twitter

米テキサス州在住のモーガン・ポーターフィールドさんは6月2日、Twitterに父親からもらったプレゼントを投稿した。

ピルケースに詰まった小銭と、くしゃくしゃの紙に書かれた手紙に、27万5000件を超える「いいね」が寄せられている。

何がそれほどまでに人々の心を動かしたのだろうか。

1981年に交通事故に遭った父親

ジムさんは1981年に交通事故に遭った男性だ。脳に損傷を受けたジムさんは、意識不明の状態が6週間続いた。相手の車は飲酒運転だったという。

生きるために乗り越えた手術は13回。それでもジムさんとその家族は、元の生活を取り戻すことはなかった。

左手や両足は思うように動かすことができなくなり、最近の出来事が記憶できなくなる短期記憶障害が後に残った。また、脳の損傷により、急な発作に襲われるようになったそうだ。

仕事も続けられなくなったジムさんだが、幼い4人の子供の“父親”であることは諦めなかった。

4人の子供を育てた

ジムさんはリハビリの助けも借りつつ、新しい会社で30年間勤め上げた。

当時の生活は金銭的に厳しかったそうだが、ジムさんは公園に子供たちを連れていき、子供たちの話を聞き、子供たちに「愛している」と常に伝えていたとモーガンさんは振り返る。

父親からの愛情は、年齢を重ねた後も変わらなかった。

娘のために貯めた小銭

ピルケースに詰まった小銭は、コーヒーが好きな娘のコーヒー代として貯めていたもの。父親が数カ月かけて小銭を貯めているのを知っていたものの、それが自分のためだったと気づいたモーガンさんは、思わず泣いてしまったという。

ピルケースに入っていた小銭は、11ドル19セント(約1225円)。モーガンさんは、それ以上のものを受け取った。

モーガンさんは父親のプレゼントをTwitterに投稿した理由を、「父がどんなに私を笑顔にしてくれるのかを、友達にシェアしたかったため」だと語る。

ツイートには、「あなたの父親ほど無私で謙虚な人に会ったことがない」「すばらしい男性が主人公のすばらしい話」「お父さんにあなたは最高だって伝えて」など、父親の行動に感動した人々から、多くのリプライが寄せられている。

「私もコーヒーをおごりたい」との申し出も多くあったため、6月3日にはGo Fund Meを設立。1週間で1000人以上から、1万5700ドル(約172万円)が寄せられた。

モーガンさんは集まった金額で、立ち上がりを補助する機能の付いたイスを購入するつもりという。ぜひ、そのイスで一家でおいしいコーヒーを飲んでもらいたいものだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング