シェア

愛車を売って夢を応援してくれた母親に、息子が恩返しのサプライズを仕掛ける

Ross Rothero-Bourge/Facebook

Ross Rothero-Bourge/Facebook

イギリスでサウンドエンジニアとして活動しているRoss Rothero-Bourgeさんは、若いころの夢を叶えた男性だ。

そして、まだ17歳だった12年前から、お金に余裕ができたら実現したいことがあった。

ボロボロのトレーラーで飛び回っていた

17歳だったころのRossさんは、トレーラーにドラムセットを乗せて、全国各地を飛び回っていた。そのトレーラーは大きくてボロボロ。そのせいか、Rossさんは数々のトラブルに遭遇したそうだ。

そんな状況を知ったお母さんは、いつか取り返しのつかない事故が起こってしまうのではないかと、心配していたという。

そして、お母さんはあることを決意した。

息子のために愛車を手放した

お母さんは買ったばかりの愛車を売り、新たなバンを息子にプレゼントしたのだ。

手放したのは、青いフォードのストリートKa。お母さんが初めて新車で買った車だった。

その後、お母さんはおじいちゃんと車をシェアすることとなった。気持ちだけではなく、ローンだけが残ってしまう、経済的にもつらい決断だったという。

「いつかお金に余裕ができたら、お母さんに車を返すんだ」

それが、17歳のRossさんの目標となった。

ようやく実現したサプライズ

月日が流れ、30歳となったRossさん。

たくさん働いてお金を稼ぎ、とうとう17歳から思い続ける願いを叶えることとなった。

お母さんが手放したのと同じ車種で、同じ年に製造され、同じ色をしたそっくりな車を見つけたRossさんは、お母さんにサプライズを決行した。

その様子がこちらだ。

▼サプライズ決行は3分ごろから

家の前に停めてある車の様子がおかしいと、母親を外に連れ出したRossさん。何がおかしいのか分からずに混乱する母親に、Rossさんは車のキーをひょいと渡した。

お母さんは辺りを見回し、背後に駐めてある「かつての愛車」を見つけると、満面の笑みに!

Rossさんのサプライズは成功し、12年前の恩返しを実現した。

この動画は6月20日にFacebook上で公開されると、現在までに2万回以上再生されている。

コメント欄には「泣いた」「お母さんも息子もどちらも素晴らしい」「自分を誇りに思いなさい」などの声が投稿されている。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング