シェア

「無視してよかったのに」スーパーで自閉症の青年の衝動的なお願いを叶えた優しい店員さん

Delaney Edwards Alwosaibi/Facebook

Delaney Edwards Alwosaibi/Facebook

7月のある日、一組の父子がスーパーマーケットを訪れた。多くの人々にとって、特別な思い出にはならない、ごくごく日常的な出来事だ。

しかし、この父子にとって、この日はかけがえのないものになった。

自閉症とともに生きる息子

ジャック・ライアンさんは、米ルイジアナ州バトンルージュで暮らす17歳の男性だ。

自閉症とともに生きる彼にとっては、さまざまな商品やいろいろな人が集まるスーパーを訪れるのは簡単なことではない。時には店に入るのを諦めることもあるそうだ。

父親がジャック・ライアンさんを連れて、近所の“ラウズ”を訪れた時のこと。ジャック・ライアンさんは、店員さんがしている品出しの作業に興味を持ち、「やりたい」と言い出してしまった。

その言葉を聞いた店員さんの行動は、父親が予想していないものだった。

一緒に品出し

ラウズの店員であるジョーダンさんは、客からの異例の要望を受け入れることにした。

そのときの様子がこちらだ。

ジョーダンさんから受け取った商品を、ひとつひとつ丁寧に棚に補充していくジャック・ライアンさん。手前に置いたジュースをジョーダンさんが奥に押し込むのを見て、次からは並べた後に奥に押し込んでいる。

この光景は父親にも、この動画を見たジャック・ライアンさんの姉にも特別なものだった。

計100万回以上も再生

動画を見て涙があふれたという、姉のデレイニーさん。

7月31日には感動を共有しようと、店員さんとともにジャック・ライアンさんが品出しをする2本の動画をFacebookで公開した。

「無視をしても、理由をつけて断ってもよかったのに、この店員さんは30分間も弟に寄り添ってくれたの」と、デレイニーさんはコメントしている。

動画は1万6000人からのリアクションを受け、再生回数は計100万回を超えた。

教師を夢に見る青年

店員のジョーダンさんは数学が好きで、将来は教師になりたいという夢があるという。夢を叶えるためにも、学校に戻るのが目標だそうだ。

ジャック・ライアンさんの一家は、ジョーダンさんの夢を叶えるためにGoFundMeで寄付を募り始めた。すると、4日間で目標の10万ドル(約1113万円)を超え、3200人以上から、11万2000ドル(約1247万円)以上の寄付が集まっている。

きっとジョーダンさんは、夢を叶えて立派な教師になることだろう。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング