シェア

抗がん剤治療中の8歳の女の子が笑顔のダンス動画を公開!「世の中にサプライズを用意したの」

Alyssa Renea Lewis/Facebook

Alyssa Renea Lewis/Facebook

アビゲイルちゃんは、ユーイング肉腫という病気と闘うため、6月から抗がん剤治療をスタートした8歳の女の子だ。

周りの友達が夏休みを楽しんでいる頃、病院で生きるために闘っている彼女の髪はすっかり抜け落ち、副作用にも苦しんでいる。

それでも消えることのなかった彼女とお母さんの笑顔が、人々の心を動かした。

380万回以上再生された、アビゲイルちゃんとお母さんの動画がこちらだ。

治療のために自分の体とつながっている機械を乗りこなし、さっそうと登場したアビゲイルちゃん。お母さんと一緒に、ドレイクのIn My Feelingのダンスを踊って見せた。

撮影場所はアーカンソー児童病院。後ろの入り口には「がん科」の文字が見える。

明るい2人の姿を見ていると信じられなくなるが、そこはアビゲイルちゃんが病と闘う戦場なのだ。

動画は7月28日に公開されてから10日ほどでシェアは7万件を超え、約380万回も再生された。

コメント欄には「がんばれ」「あんたやるわね」「前向きさが一番の薬」など、称賛や応援の声が2200件以上寄せられている。

「サプライズを用意したの」

この動画を撮影する前、アビゲイルちゃんは看護師さんに「サプライズを用意したの」と語っていたそうだ。「誰に?」と聞かれると、「世の中にだよ!」と答えたという。

その言葉通り、その明るさで多くの人々を驚かせたアビゲイルちゃん。

7月29日には「シェアしてくれてありがとう」というコメントを投稿した。

動画の再生回数が増えていくことや世界各国から反応が寄せられることを、とても楽しみにしているそうだ。

6月からスタートした抗がん剤治療

数カ月間にわたって背中の痛みに苦しんでいたアビゲイルちゃん。その原因がわかるまでに、いくつもの検査を受けなくてはいけなかった。時には痛みで吐いてしまうこともあったそうだ。

やっと判明した病名はユーイング肉腫。主に子供や若者の骨や軟部組織に発生する肉腫だ。

そして6月2日。12週間にわたる抗がん剤治療がスタートした。その後、外科手術をするのか、再び抗がん剤治療を行うのか決定されるという。

アビゲイルちゃんと家族の闘いはまだまだ続いていく。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング