シェア

単細胞生物が“命を終える瞬間”をとらえた映像に涙が出る

jam_and_germs/Instagram

jam_and_germs/Instagram

誰もが学校で習ったことがある「単細胞生物」。名前が表す通り、ひとつの細胞でできている生物のことだ。生命の営みすべての働きがひとつの細胞で行われている。

肉眼ではなかなか見ることができない、単細胞生物の最期の瞬間をとらえた貴重な映像がある。

映像は60秒間で、1月8日現在で約6万7000回再生されている。

クリスマスに公開された映像

View this post on Instagram

Jam’s Germsさん(@jam_and_germs)がシェアした投稿

この映像は、2018年12月25日に投稿されたもの。「無に還っていくのを見ていたら、とても胸が痛んだよ。大きさに関係なく、命というのははかないものだね」というコメントが添えられた。

コメント欄には「素晴らしく、そして悲しい」「本当に命ってはかないものだね」「助けることはできなかったのか」「胸が痛くなった」「なぜクリスマスに泣かなくてはいけないのか」など、見知らぬ単細胞生物の死を悼む声が多数寄せられている。

研究者でもなかなか見られないという

映像に収められているのは繊毛虫(せんもうちゅう)という単細胞生物。ゾウリムシやツリガネムシ、ラッパムシなどが繊毛虫に属している。

元気な繊毛虫はピンクっぽい色をしており、お腹を空かせたり、最期に近づくにつれて映像のように色を失っていくそうだ。

この動画を投稿したjam_and_germsさんは、生物系の研究所で働く単細胞生物の研究者だ。

そんな彼でも、単細胞生物の最期の瞬間を目撃することはあまりないという。繊毛虫は光を嫌い、強い光が当たると死んでしまうことがあるそうだが、なぜこの個体が死んだのかはわからないそうだ。

Posted: |Updated:

Text by JPN Manatee

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング