シェア

3カ月赤字が続けば閉店!客が自由に価格を決められる日本酒居酒屋が登場

出典元:株式会社Forbulプレスリリース

出典元:株式会社Forbulプレスリリース

好きなだけ飲んで食べたあとに、客が自由に値段を決められる日本酒居酒屋「日本酒の本質」が、6月27日(木)に東京・神田錦町にオープンします。

メニューに値段がない日本酒居酒屋「日本酒の本質」

出典元:株式会社Forbulプレスリリース

出典元:株式会社Forbulプレスリリース

「日本酒の本質」は、メニューに値段を表示せず、「価格をお客様に決めてもらう」という仕組みを採用した新時代の日本酒居酒屋です。

日本酒のプロが選ぶ厳選された日本酒を揃えているだけではなく、なんと日本酒に合う「お茶漬け」も食べ放題。

お茶漬けバイキングでは、色とりどりの漬物を思う存分味わうことができます。

居酒屋オープンの背景とメリットとは

同社によると、人間の心理は「価格が高い=品質が高い=ステータスが高い」と認識する傾向にあり、これを名声価格と呼ぶそうです。価格が与える商品へのイメージは大きく、時に本来の本質的な価値を見失うこともあります。

「日本酒の本質」では、値段にとらわれず日本酒の本質的な魅力を楽しんでもらいたいという想いでオープンに至ったそうです。

一見、お店側にはデメリットが大きいように思えるこのビジネスモデルですが、顧客が損をした気分にならない点や、飲食物以外のサービスに対する価値が生まれる点に関して言えば悪い事ばかりでもないようです。

出典元:株式会社Forbulプレスリリース

出典元:株式会社Forbulプレスリリース

3カ月連続で赤字の場合は閉店

とはいっても、「お客様に値段を決めてもらう」という仕組みは、目に見えない人間の「善意」が大前提。

この仕組みが本当に実社会で成り立つのか?という点でいえば実験段階にあるといえます。

よって、「日本酒の本質」には、営業日ごとの売上、原価、利益などの日次決算を全て公開したうえで、3カ月連続で赤字の場合は閉店というルールが設けられています。

この仕組みが成り立てば、日本酒に限らずサービス業界全体にとっても大きな革命となりそうです。

【日本酒の本質】
住所:東京都千代田区神田錦町3-11 弦元ビル2F
営業日:月に2回(詳しい営業日はホームページをご確認ください)
HP:https://www.nihonsyu-honsitu.com/

Posted: |Updated:

Text by 尾形潤

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング