シェア

農家と子供をつなぎ食品ロス削減へ貢献「子ども食堂」にオイシックスが支援

出典元:オイシックス・ラ・大地株式会社プレスリリース

出典元:オイシックス・ラ・大地株式会社プレスリリース

農産品や加工食品などの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社が、6月から“農家レシピ”の提供や、農作業が体験できる“産地イベント”に子どもたちを招待することが発表されました。

オイシックスが子ども食堂にさらなる支援

出典元:オイシックス・ラ・大地株式会社プレスリリース

出典元:オイシックス・ラ・大地株式会社プレスリリース

家庭の事情などにより一人で食事をしなければならない子どもたちが、無料または安価で栄養のある温かい食事をを受けるための社会活動が「子ども食堂」です。

これまで物流拠点での検品時に発生する食材の一部を子ども食堂に提供してきた同社。

さらなる子ども食堂への取り組みとして、生産者がおすすめする食べ方が分かる「農家レシピ」の提供や、農作業が体験できる「産地イベント」に子どもたちを招待するなどの取り組みが行われます。

食品ロス削減に貢献したい

出典元:オイシックス・ラ・大地株式会社プレスリリース

出典元:オイシックス・ラ・大地株式会社プレスリリース

同社の物流拠点では入荷時の検品により、熟れすぎたり、配送中に痛みが大きくなる小さな傷があったりなど、数日後に到着する宅配には不向きな生鮮食品がどうしても発生してしまうそうです。

ただ、すぐに調理をするには問題がなく、これらの食材を、子ども食堂などの有効利用可能な団体へ提供することで、食品ロス削減にも寄与しているといいます。

さらに、企業理念である「これからの食卓、これからの畑」を実現するため、子ども食堂に参加する子どもたちに、畑体験の提供が始まりました。

食事は私たちにとって身近にもかかわらず、食材の大切さについて学校の勉強で触れられる機会は多くはありません。

農作業の大変さや食材の美味しさを伝える活動を通して、食品ロス問題の意識向上が促進されることへの期待が高まります。

Posted: |Updated:

Text by 尾形潤

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング