シェア

あなたの町の魅力を“食”と“農業”から発信!食好きと地方自治体がつながる食事イベントが人気

出典元:株式会社キッチハイクプレスリリース

出典元:株式会社キッチハイクプレスリリース

食好きが繋がるアプリ「KitchHike(キッチハイク)」を運営する株式会社キッチハイクが、農業情報サイト「マイナビ農業」とコラボ。地方の魅力を農業や食の面から伝える自治体応援企画をはじめました。

これに伴い、地域食材のPRイベントを開催したい全国の自治体からの募集も始めました。

キッチハイクとは?

出典元:株式会社キッチハイクプレスリリース

出典元:株式会社キッチハイクプレスリリース

そもそも「キッチハイク」とは、

・食べるのが好きな人とつながりたい
・仕事帰りに誰かとのみたい
・気軽にご飯を食べに集まりたい など

「食」が好きな人が集まりコミュニケーションを取れるアプリです。

運営する株式会社キッチハイクは、2017年6月から生産者・地方自治体とコラボした地域食材のPRイベントに取り組んでいました。

今回、食を通じた地域PRの全エリア拡大を図ることを目的に、生産者・地方自治体のネットワークに強い「マイナビ農業」とコラボしたそうです。

地域食材を使ったイベントの開催をプロデュース

出典元:株式会社キッチハイクプレスリリース

出典元:株式会社キッチハイクプレスリリース

この企画では、キッチハイクの“食”に明るい4万人以上の会員、30万人以上のフォロワーへの情報発信と、人気料理人を起用した食事会イベント開催、レシピ&商品開発まで、一貫したプロデュースを行ってくれます。

イベント自体は、20人前後の食事会形式で、地域食材を人気料理人に調理してもらい、自治体関係者と参加者で同じ食卓を囲んで、コミュニケーションをとれるのが魅力です。

過去には、北海道上川町の地域食材を生かした料理と地酒を楽しめるPRイベントを実施。

生産者・地方自治体とコラボした地域食材のPRイベントは毎回満席でキャンセル待ちが出るほどなんだそう。参加者からも、「学びになった」「旅行に行ってみたい」などの声が多く寄せられているようです。

認知度の低い自治体でも、逆にその希少性がコミュニティ内で話題性を産むかもしれません。広がりは小さいですが、確実に地域のファンを増やせることから「持続性のあるPR」の実現に期待が高まります。

Posted: |Updated:

Text by 尾形潤

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング