シェア

過去の被害を無駄にしない─遭難が発生しやすい場所を確認できる「山岳遭難マップ」に注目

出典元:株式会社ヤマレコプレスリリース

出典元:株式会社ヤマレコプレスリリース

日本最大級の登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」を運営する株式会社ヤマレコが長野県警察と協力し、過去の遭難情報を地図で確認できる「山岳遭難マップ」を公開した。

毎年多くの被害が出ている登山中の遭難に対する防止対策として、注目が集まる。

事前に危険個所を把握「山岳避難マップ」

出典元:株式会社ヤマレコプレスリリース

出典元:株式会社ヤマレコプレスリリース

山岳遭難マップでは長野県警察が2017年度(平成29年度)に取りまとめた山岳遭難のデータを元に地図上に印を表示したもので、その印をクリックすると遭難被害の発生箇所、性別、年代、遭難原因などの詳細が確認できる。

遭難データは「月」「天気」「原因」ごとに検索可能で、季節や気候にあった登山計画に役立てられそうだ。

山岳遭難マップのデータは2018年度以降の情報も順次更新される予定で、地図上にデータが蓄積されていく。

今後は全国の各都道府県警察とも提携して安全登山に関する情報発信を進めていく予定なんだとか。

過去の遭難被害を活かし安全な登山を

出典元:Adobe Stock

出典元:Adobe Stock

警察庁によると、山岳遭難の多くは、天候に関する不適切な判断や、不十分な装備で体力的に無理な計画を立てるなど、知識・経験・体力の不足等が原因で発生しているのだそう。(平成30年における山岳遭難の概況

山岳遭難マップを実際に見てみると、遭難が発生している場所は特定の地点に集中していることが分かる。過去に起こった遭難被害を活かしたうえで、体力や気候などさまざまな条件を踏まえて、安全に登山を楽しむ工夫が必要だ。

しかし、遭難被害が出ていない場所だから安全というわけではないので、登山者はリアルタイムの情報を見ながら常に十分な注意を払うことが必要とされている。

Posted: |Updated:

Text by 尾形潤

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング