シェア

田舎らしさと都会らしさ両方味わえる「デュアル暮らし」って最高じゃない?

YouTube/kobecitychannel

YouTube/kobecitychannel

地方都市に暮らす若者の地域離れが加速している、という話をよく耳にします。

一方で、せかせかと慌ただしい都心に暮らす人々が、ゆとりを求めて地方への移住を希望するという話もちらほら。

「ゆったりとした平凡な田舎暮らし」と「忙しくて刺激的な都会暮らし」、果たしてどちらが幸せなのでしょうか。

一番幸せなのは、その“どちらも”体験できる暮らしではないでしょうか。

田舎と都会のいいとこ取り「島&都市デュアル」

10月30日に兵庫県は神戸、芦屋、淡路、洲本の4市と、島と都市を両立した魅力的な暮らしを提案する移住促進プロジェクト「島&都市デュアル」を発表しました。

「都市エリア」と「島エリア」が近い兵庫県の特徴を活かし、都市で暮らし島で遊ぶ、島で暮らし都市で遊ぶ(働く)など、「都市」と「島」を1つの生活圏として捉えた理想のライフスタイルを紹介しています。

神戸市/fotolia

神戸市/fotolia

「都市エリア」として選ばれたのは神戸市と芦屋市。

神戸市は、日本の市で6番目に人口を有する市であり、観光地としても有名。高層ビルが立ち並び、ショッピング施設や医療施設も充実している、近畿地方でも有数の都市です。

芦屋市は、阪神間モダニズムに育まれたおしゃれな街並みで、高級住宅街としても知られています。

淡路市/fotolia

淡路市/fotolia

「島エリア」として選ばれたのは淡路市と洲本市。

どちらも淡路島に位置する市で、瀬戸内海式気候のため温暖で暮らしやすい。漁港や海水浴場、山など自然に恵まれており、島ならではのゆったりとした時間を満喫できます。

島&都市デュアル暮らしツアーズ公式サイト

4市はそれぞれ隣り合っており、一番離れている芦屋市の中心部から洲本市の中心部までは車でおよそ1時間半。実はとっても近いのです。

便利な都市エリアを生活拠点にし、週末はちょっと車を走らせて自然のある島へ。または、自然溢れる島エリアを生活拠点にし、週末はショッピングを楽しめる都市へ。

そんな田舎と都会のいいとこ取りができる「デュアル暮らし」が、兵庫県ではできるのです。

都会か田舎か…悩む2人に共感

「島&都市デュアル」のオフィシャル動画がこれまた面白いので紹介します。

都会で育児に仕事にと消耗している夫婦が、田舎への移住に悩むストーリー。

夫婦役は演技派の戸田恵梨香さん(神戸市出身)と太賀さん。クスッと笑えるコメディタッチながら、都会に住んでいる人にはグサリと刺さる内容です。

都会暮らしに疲れた方は何かのヒントになるかも。

田舎と都会どちらを生活拠点にするかはアナタ次第

どんな場所で働きたいか、どんな場所で育児をしたいか、生活に求めることは人それぞれです。

衣食住や教育、医療環境が整っている都会と、大自然と共に人の温かさや余裕がある田舎。どちらを生活拠点とするかはアナタ次第なのです。

自分にはいつ何が必要なのか、ライフスタイルを見直すキッカケにもなりますね。

「デュアル暮らし」に興味がある方は、「島&都市デュアル」を体験できるツアーの参加がおすすめ。百聞は一見にしかず。病院までの距離や街の雰囲気など、生活を始めたあとのことを想像しながら目で見て肌で感じてください。

都会は都会。田舎は田舎。そう切り分けて考えていたけれど、こんなにも近くにあったとは。

そんな県の魅力を活かして移住プロジェクトへ繋げた兵庫県、うまいなぁ。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 水上アユミ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング