シェア

1年後に届く「未来レター」代官山で来年の自分に手紙を書いてきた

「未来レター」書いてきました

「未来レター」書いてきました

1年後の自分は何をしているか、考えたことはありますか。

誰もが今よりずっと明るい未来を想像するのではないでしょうか。

そんなワクワクするような未来を生きる、1年後の自分に手紙を書いてみませんか。

1年後に届くタイムカプセルのような手紙「未来レター」

東京都渋谷区の代官山駅を出てすぐの文房具店「STÁLOGY LABORATORY TOKYO(スタロジー・ラボラトリー・トウキョウ)」では「未来レター」というサービスを提供しています。

手紙を預けると、1年後に届けてくれるユニークなサービスです。

白いポストが目印の「STÁLOGY LABORATORY TOKYO」

代官山にある「STÁLOGY LABORATORY TOKYO」

同店で商品を購入すると、未来レター専用のレターセット、もしくはポストカードをもらえます。

1年後の自分に思いを巡らせて、丁寧に言葉を選びながら書きましょう。

手紙は店舗で保管し、翌年の同月に投函されます。

まるでタイムカプセルのような「未来レター」は、商品を購入すれば誰でも無料で利用できます。

「未来レター」に綴る自分へのメッセージ

「未来レター」を書いてみました。今回はレターセットを選択。

「未来レター」専用レターセット

「未来レター」専用レターセット

店内に用意されたデスクで手紙を書きます。

1年後の自分へ、どんな言葉をかけるべきなのか悩みます。

「未来レター」に何を書こう

「未来レター」に何を書こう

便箋は無地なので、文章を書くもよし、絵を描くもよし。

同店で販売しているマスキングテープで装飾することもできます。

「未来レター」を店員に渡します

「未来レター」を店員に渡します

さて、私が何を書いたのかは内緒です。

手紙に封をしたら店員さんに渡します。

店内で大切に保管され、1年後に自分の元へ届きます。

人と人をくっつける「未来レター」

未来レターについて、「STÁLOGY LABORATORY TOKYO」を運営する株式会社ニトムズの油田さんに伺いました。

——「未来レター」誕生のキッカケは?

文房具を通して“人と人をくっつける”ことができないかと考え、「未来レター」を始めました。

株式会社ニトムズは、代表商品「コロコロ」の通り粘着テープを扱う会社で“くっつける”というキーワードを大切にしています。

それは物理的にくっつけるだけでなく、“繋ぐ”という意味も含まれています。

創業以来、さまざまなコトやモノをくっつけてきましたが、「未来レター」では人と人、思いと思いを“くっつける”ことができました。

——なぜ「1年後」なのでしょうか。

1カ月後では近すぎて、5年後、10年後は遠すぎます。

1年という想像できそうでできないワクワクする未来、という意味で1年後にしています。

「未来レター」

「未来レター」

——どのような方が利用していますか。

20〜30代の若い女性が多いです。また外国人観光客も、日本旅行の記念にと手紙を書かれる方がいらっしゃいます。

海外の方でも、もちろん無料でご利用いただけますよ。

——「自分に手紙を書く」以外の使い方はありますか。

「未来レター」は家族や恋人、友人にも送ることができます。妊婦さんが今度産まれてくる子供に手紙を書いたという、素敵なエピソードも聞いたことがあります。

ただし、一度預けた手紙は取り消せませんので、送る相手は慎重に選んでください。

過去の自分から届いた手紙は、自分自身の成長を実感できるきっかけにもなりそうです。

未来の自分へのメッセージを思い浮かべながら、店へ足を運んでみてください。

「STÁLOGY LABORATORY TOKYO」内観

「STÁLOGY LABORATORY TOKYO」店内

<店舗情報>
所在地:東京都渋谷区恵比寿西 1-35-16 代官山アドブルビル
交通手段:東急東横線・代官山駅すぐ
営業時間:11:00〜20:00(火曜日定休)

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 水上アユミ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング