シェア

【実食レビュー】おいしい!カップ麺に「ハイサワー」を入れて食べてみた

ハイサワーチキンラーメン

ハイサワーチキンラーメン

「お客さん、終点だよ」や「割・る・な・ら・ハイサワー」のフレーズに懐かしさを覚える人も多いはず。かくいう私もその一人です。

でも知らなかったんです……ハイサワーがお酒ではないってことを。

料理も割れるハイサワー

ハイサワーは炭酸入りの「割り材」、つまり甘くない果汁入りの清涼飲料水です。

ハイサワーレモン

ハイサワーレモン/株式会社博水社

お酒で割って飲むものと思いがちですが、本当はそのまま飲んでも良いし、料理に使っても良いのです。

あまり知られていないハイサワー活用術、実はハイサワー公式サイトでたっぷり紹介されています。

その中で一際異彩を放つアレンジレシピが……

ハイサワーチキンラーメン

ハイサワーチキンラーメン/博水社公式サイト

“ハイサワーチキンラーメン”という名のそのレシピは、ただチキンラーメンにハイサワーレモンを入れるだけのシンプルなもの。

本当に美味しいの?

なんでチキンラーメンなの?

そんな疑問を解決するべく実食レビューしました。

4種類のカップ麺をハイサワーで割ってみます

4種類のカップ麺をハイサワーで割ってみます

せっかくなので、いろんなカップ麺でチャレンジしてみます。

1.ハイサワーチキンラーメン

ハイサワー公式サイトでおすすめしているチキンラーメン。

まずは普通に作ります。

チキンラーメン

いつものチキンラーメン

そこへ、ハイサワーレモンを入れます。

グツグツではなく、シュワシュワしています。

さて、食べてみましょう。

ハイサワーチキンラーメン食べてみます

ハイサワーチキンラーメン実食

お、お、美味しい〜!!!

レモンの酸味が効いてエスニック風の味に。ベトナム料理の「フォー・ガー(ベトナムのチキンヌードル)」そっくりです!

ドバドバと入れても問題ない。次からチキンラーメンを食べる時はマストで入れたくなるくらい相性良いです。

 

結論:チキンラーメン+ハイサワー=フォー・ガー

 

2.カップヌードル

こちらもいつも通りカップヌードルを作った後に、ドバドバとハイサワーレモンを注ぎます。

ハイサワーカップヌードル

ハイサワーカップヌードル

シュワシュワしています。

ハイサワーカップヌードル

ハイサワーカップヌードル

味は……おいしい。悪くはない。でもチキンラーメンほどの感動はありません。

まさに「カップヌードルにレモン入れた味」と想像通りの味でした。

 

結論:カップヌードルに飽きた人は試してみる価値あり

 

3.どん兵衛

先日取材したどん二郎で、驚異的な伸びしろをみせたどん兵衛。期待してしまいます。

食べる直前に液体つゆを入れて……

ハイサワーどん兵衛

ハイサワーどん兵衛

ハイサワーレモンもいれます。

ハイサワーどん兵衛

ハイサワーどん兵衛

ん、新しい!甘いダシとレモンの酸味が意外と合います。

温かいうどんを食べているのに、なぜか夏っぽい清涼感のある味わいでなかなか美味しい。

もっとハイサワーを入れてみよう……と思ったのですがこれは間違いでした。

 

結論:どん兵衛は“ちょい足し”がおすすめ

 

4.ペヤングソースやきそば

正直期待はしていませんが、王道カップ麺なのでラインナップに入れてみました。ペヤングはそのままが一番美味しい。

いつも通りにペヤングソースやきそばを作ります。ふりかけも青のりもかけて。

ハイサワーペヤング

ハイサワーペヤング

ハイサワーレモンを入れます。水っぽくなるので少しずつ。

ハイサワーペヤング

ハイサワーペヤング

これは美味しい!!!甘辛いソースとレモンの相性がとても良い。

酸味が加わり、まるでタイ料理のパッタイ(タイの焼きそば)を食べているみたい!

期待してなかった数分前の自分に、よくチャレンジしてくれたと褒めてあげたいです。

 

結論:ペヤングソースやきそば+ハイサワー=パッタイ

 

個人的なランキングはこちら。ペヤングの見事な活躍ぶりに驚きました。

ハイサワーカップ麺のランキング

ハイサワーカップ麺のランキング

ハイサワーチキンラーメンはどうやって生まれたの?博水社に聞いてみた

そもそもなぜチキンラーメンに入れてみようと思ったのでしょうか。

ハイサワーの製造・販売元の博水社に取材をしました。

−−ハイサワーチキンラーメンはどのように誕生したのでしょうか。

レシピを考案したのは、実は弊社の社員ではなく一般のお客様なんです。

2011年、カレンダー形式で365通りのハイサワーを使ったレシピを紹介する「ハイサワー365日カレンダー」という企画を行いました。その際に、社員のアイデアに加え、一般の方からもレシピを募集しました。

その募集の中で、「ハイサワーチキンラーメン」という斬新すぎるレシピが届いたんです。

—−斬新なアイデアレシピ、社内での反響はいかがでしたか。

最初は「ラーメンにハイサワー?罰ゲームみたい!」といった声もありました。

しかし、トムヤムクンなど酸味が特徴的な鍋料理もあります。

ハイサワーは、イタリア・シチリアの厳選したレモンを使った上質な果汁の“レモン本来の酸味”が特長なので「きっとラーメンにも合うのでは」と試したところ、なんと超絶品!

特に女性社員から、いつものカップ麺が簡単にエスニックテイストになると大好評で「365日カレンダー」にも採用しました。

ちなみに、博水社の社員の間ではチキンラーメンの他に、シーフード系のカップ麺や担々麺の組み合わせも人気のようです。酸味とすっきり感が加わり、酸辣湯麺のような味わいになるのだそう。

−−ハイサワーチキンラーメンの他にも、さまざまなアイデアレシピを公式サイトで公開していますね。レシピを考案し続けるのはなぜでしょうか。

ハイサワーの特徴は、カクテルや料理などアレンジのしやすさにあります。

社員が営業先の居酒屋さんで裏メニューを教わる機会もあり、レシピは今後ももっと増えていくと思います。

これからも皆様に楽しんでいただけるアレンジレシピを考案することで、ハイサワーは、さまざまなお酒、料理の味を引き立てる、“名脇役”でありたい!家飲みを楽しんでもらえるアイテムの一つになりたい!と考えています。

焼酎の「割り材」として1980年に発売されて以来、長年愛され続けているハイサワー。

ハイサワーチキンラーメンは、その人気を支える温かなファンから誕生したレシピでした。

Posted: |Updated:

Text by 水上アユミ

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング