シェア

容器がなくても「リュックサック」で水が運べる方法に絶賛の声

Twitter/@time4411

Twitter/@time4411

「熊本地震」の影響により、22日11時現在、熊本県内で約22,000世帯、大分県では約900世帯で断水が続いています。

各地で給水ポイントが設置されていますが、水を入れる「非常用袋」も不足している状況です。

「リュックサック」を使った水の運び方

そんな中、レオ一等兵(@time4411)さんは、容器がなくても水が運べる方法をTwitterに公開しました。

Twitter/@time4411

Twitter/@time4411

なんと、それは「リュックサック」にごみ袋をセットし、水を入れて運ぶという方法です!

「リュックサック」であれば、水を入れても、手で持つより重くないんだとか。

Twitter/@time4411

Twitter/@time4411

また、こぼさずに多めの水を運ぶことができます。

このアイデアは、山登りが好きなお父さんから教えてもらったそうです。

つい、水に適した容器を探してしまいますが、身近なものを工夫して使えば容器の代わりにできますね。

ごみ袋をセットする際の注意点

なお、レオ一等兵さんによると、自治体によってごみ袋の素材や厚さが異なります。

photoAC/そげ

photoAC/そげ

そのため、「リュックサック」にごみ袋をセットする場合は、袋を二重にして入れてほしいそうです。

かしこいアイデア!

ネット上では、「リュックサック」を使った水の運び方について、「これいいね」など絶賛する声が多数寄せられています。

いろんな知恵やアイデアを活用して、被災者が少しでも快適に避難生活を過ごせるといいですね。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング