シェア

なにか目立つメインのモチーフを…「絵の具」のチューブから色が飛び出すアクセサリーが可愛い!

Twitter/@yuzupanda_mura

Twitter/@yuzupanda_mura

「絵の具」をモチーフにしたアクセサリーに注目が集まっています。

チューブから色がひょっこり!?

この画像を投稿しているのは、まほめ@YHM28日minne(@yuzupanda_muraさん

Twitter/@yuzupanda_mura

Twitter/@yuzupanda_mura

これは、「絵の具」をモチーフにして作られたブローチとペンダントトップです。

まほめさんは、粘土や樹脂などを使って、オリジナルのアクセサリーや雑貨を制作しています。

「絵の具」のチューブから、色が飛び出す作品が可愛らしくて、思わず見入ってしまいました。

Twitter/@yuzupanda_mura

Twitter/@yuzupanda_mura

色のほかにフルーツやメロンパンにニャンコも、チューブからひょっこり。

好きなカラーをカバンなどに付けるだけで、楽しくなっちゃいますね!

ツイートには「ほんとに何度みても可愛いです」、「全部可愛い(*^^*)」、「パンダ、可愛いですね」といったコメントが相次いでいました。

ほかの作家さんとコラボレーション

また、まほめさんは5月14日~15日に東京ビックサイトで開催された『デザインフェスタ』に出展。

今回の『デザインフェスタ』では、好きな作家さんとコラボし企画展を開催したそうです。

Twitter/@yuzupanda_mura

Twitter/@yuzupanda_mura

総勢38名の作家さんが、まほめさんの「色々でてくる絵の具ブローチ」をアレンジ。

自分には思いつかないような作品を、たくさん見ることができてうれしかったんだとか。

現在、その作品の画像を集めた写真集『私の好きな色』も発売中です。

目に留めてもらえるような作品を…

いろいろな形のアクセサリーはありますが、なぜ「絵の具」をモチーフにしたのでしょうか?

アクセサリー作家のまほめさんにお話を伺ってみました。

Twitter/@yuzupanda_mura

Twitter/@yuzupanda_mura

―― 「アクセサリー」の制作を始めたきっかけについて教えてください。

小学生の時に当時流行っていた、ビーズ細工の本を買ってもらったことが大きく影響しています。指輪や、カバンにカゴなどを作って、そこに粘土で作ったものをのせたりして遊んでいました。

その後もミニチュアを作ってみたり、絵を描いてみたりと趣味の一つとして楽しんでいました。イベントで販売するようになったのは、友人から「絶対好きだと思う!とても素敵なイベントがある!」と『デザインフェスタ』を教えてもらったこともきっかけの1つです。

Twitter/@yuzupanda_mura

Twitter/@yuzupanda_mura

―― なぜ「絵の具」をアクセサリーのモチーフにしてみようと思われたのですか?

イベントなどに参加して活動をしようと思った際、たくさんの方に目に留めてもらえるような、なにか目立つメインのモチーフを一つだけ決めようと思いました。しかし、パンダや宇宙やアヒルや海の色、キレイなものや可愛いものにおいしいもの…ノートに書き出してみたら山ほど出てきて一つには決めきれませんでした。

Twitter/@yuzupanda_mura

Twitter/@yuzupanda_mura

それなら、なにかをひとまとめにして、“見てくれる人が覚えてくれる統一感が出るものを…!!”と考えている時に、そういえば、私の名前に「絵」という漢字が入っていることが脳裏に浮かびました。

その漢字が「いろいろな色糸をよせあわせて、刺しゅうの模様をつくること」という意味を思い出し、私の好きなものが全部詰まった私をかたち作るようなものにすればいいのだと考えて、絵の具をモチーフにすることを決めました。

Twitter/@yuzupanda_mura

Twitter/@yuzupanda_mura

さまざまな経緯をへて絵の具をモチーフにして制作を始めたところ、予想外に多くの方から反応をいただき想像もしなかったような出会いや、2016年の『minneハンドメイド大賞』で“話題賞”を受賞するなど貴重な経験をさせてもらうことができました。

また、数多くの作家さんと知り合うことができて好きな人も作品も増えました。これからも、もっとたくさんの色が飛び出してきそうで私自身とてもワクワクしています。

Twitter/@yuzupanda_mura

Twitter/@yuzupanda_mura

―― 「絵の具」のブローチやペンダントトップは、どのような素材で作られているのでしょうか?

2液性の樹脂、UVレジン、樹脂粘土などをモチーフに合わせて変えて使用しています。何かしらの素材を使用していても、最初に粘土で原型を作って、それを複製することで制作をしています。

―― アクセサリーを制作する過程で、苦労している部分について教えてください。

美術系の学校に通うなど特別な勉強をしていないため、作りたいものを考えて、それをどういう形にしていくのか、試行錯誤することに一番苦労しています。

本や友人たちに力を借りる事も多く、まだまだ勉強が足りないなと反省することもありますが、出来上がった時の達成感が作り続ける原動力の一つになっています。

Twitter/@yuzupanda_mura

Twitter/@yuzupanda_mura

―― アクセサリーを制作する上でのこだわりや、大切にしていることはありますか?

普段の生活で「好きだな」、「いいな」と思った瞬間や物をメモに残しています。自分の好きなものを文字にし認識することで、それを眺めて次に作るものをいつも考えています。なので、毎日たくさんの気付きを与えてくれるこの環境をなにより大切にしています。

―― ありがとうございました。

Twitter/@yuzupanda_mura

Twitter/@yuzupanda_mura

たくさんの“ひらめき”から生まれた作品だったんですね!

まほめさんの作品が気になる方は、ぜひ、Twitterアカウントをフォローしてみてはいかがでしょうか?

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking