シェア

『箱根ガラスの森美術館』の「森のアップルティー」がネットで話題に!レストランの担当者にこだわりを聞いてみた

Twitter/@glass_sweets

Twitter/@glass_sweets

箱根ガラスの森美術館』のカフェ&リストランテ『La canzone(ラ・カンツォーネ)』で、提供する「森のアップルティー」に注目が集まっています。

薔薇に見立てたりんごの紅茶

箱根ガラスの森美術館』・カフェ&リストランテ『La canzone』の公式Twitter(@glass_sweets)が、「森のアップルティー」という期間限定のメニューを公開しました。

『箱根ガラスの森美術館』公式HP

『箱根ガラスの森美術館』公式HP

「森のアップルティー」は、薔薇に見立てたりんごをカップに入れ、ダージリンティーを注いだ紅茶のメニューです。

Twitter/@glass_sweets

Twitter/@glass_sweets

りんごのほのかな甘みと、ダージリンティーの香りが広がって優雅なティータイムを堪能できます。

Twitter/@glass_sweets

Twitter/@glass_sweets

また、時間がたつとりんごの甘さが紅茶に広がり、味の移り変わりも楽しめるんだとか。

ここまで芸術的な「アップルティー」は見たことがありません。

とあるユーザーが「森のアップルティー」について“ガラスの森美術館で飲んだアップルティー”とツイートしたことから、Twitterを中心に話題になっています。

実は2度楽しめる「アップルティー」

一体、どのようにして生み出されたメニューなのでしょうか?

箱根ガラスの森美術館』・カフェ&リストランテ『La canzone』の担当者の方へお話を伺ってみました。

『箱根ガラスの森美術館』公式HP

『箱根ガラスの森美術館』公式HP

―― 「森のアップルティー」は、どのようにして生み出されたメニューですか?

カフェ&リストランテ「ラ・カンツォーネ」では、8月から旬のフルーツを使用した紅茶を提供しています。

今回は秋から冬にかけて旬である「りんご」をテーマに決めておりました。

庭園では秋バラが開花し始めていて、りんごがバラ科に分類されるという点も考慮し、りんごのスライスをバラの形にデザインしました。

『箱根ガラスの森美術館』公式HP

『箱根ガラスの森美術館』公式HP

―― 茶葉(ダージリン)とりんごの産地を教えてください。

茶葉はアパキパサンド社のインド産ダージリンを使用しており、インド政府御用達の紅茶鑑定士がセレクトする上質な茶葉を使用しております。

りんごは青森産の「ふじ」を使用しています。

Twitter/@glass_sweets

Twitter/@glass_sweets

―― りんごは、コンポートにしたものを使用していますか?

できるだけりんごの食感と風味を残した甘さにするため、りんごのコンポートではなく、スライスしたりんごを「砂糖」と「りんごジュース」に漬けたものを使用しています。

―― 「森のアップルティー」は期間限定ということで、いつ頃まで提供していますか?

11月末までを予定しています。

Twitter/@glass_sweets

Twitter/@glass_sweets

―― 「森のアップルティー」を作る上で、一番、こだわった部分を教えてください。

箱根ガラスの森美術館のカフェ&リストランテ「ラ・カンツォーネ」では、店内で1日6回公演されるカンツォーネ・ライブ・ステージを楽しみにいらして下さる方が多くいらっしゃいます。

Twitter/@glass_sweets

Twitter/@glass_sweets

カンツォーネとレストランでの“くつろぎの時間”を楽しんでいただきたいと思い、考案したのが「2度お楽しみいただける」このアップルティーです。

一杯目は庭園に咲く秋バラを眺めながらアップルティーの香りを楽しんでいただく。そしてカンツォーネの生演奏を楽しんでいただいた後にもう一杯いただく。

実はポットの中にもりんごが入っていて、より一層りんごの香りと甘さをお楽しみいただくことができるのです。

―― ありがとうございました。

お客様に“くつろぎの時間”を楽しんでいただくために、考案されたメニューだったんですね!

ぜひ、この機会に『箱根ガラスの森美術館』のカフェ&リストランテ『La canzone』で、期間限定の「森のアップルティー」を味わってみてはいかがでしょうか?

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング