シェア

ちょっとだけ卵を割ってからレンジでチンする「温玉の作り方」が話題に!作り方のポイントやコツも

Twitter/@gotti_okaka

Twitter/@gotti_okaka

ちょっとだけ卵を割ってから、レンジでチンする「温玉の作り方」に注目が集まっています。

短時間でできる「温玉の作り方」

ごっち。(@gotti_okaka)さんは、短時間でできる「温玉の作り方」をTwitterに公開しました。

Twitter/@gotti_okaka

Twitter/@gotti_okaka

作り方としては、上記画像のように、卵をちょっとだけ割るそうです。

そして、そのまま卵をマグカップの中に入れて水を注ぎます。

あとは、レンジでチンするだけで、とろりとした「温玉」が完成!

Twitter/@gotti_okaka

Twitter/@gotti_okaka

たったこれだけの手順で、手軽に「温玉」が作れるそうです。

ツイートには「これやってみる!」「どのくらい水入れましたか?」「美味しかったです」といったコメントも。

手軽にできる「温玉の作り方」が話題となり、「いいね」の数も2万8千件を突破していました。

「温玉の作り方」

では、さっそく、「温玉の作り方」をお伝えしたいと思います。

photoAC/かぐや家具や姫(画像はイメージです)

photoAC/かぐや家具や姫(画像はイメージです)

まず、卵(1個)、水(適量)、マグカップを用意。

卵の先をちょっとだけ割ってから、そのままマグカップに入れ、水を注ぎます。

水については、マグカップの中で、卵が沈むくらいの量を入れましょう。

あとは、600ワットのレンジで1分30秒ほど加熱すれば「温玉」のできあがりです。

作り方のポイントやコツなど

なお、ごっち。さんに「温玉の作り方」のポイントやコツなどを伺ってみました。

「温玉」を作る際のポイントやコツは、下記の(1)と(2)を参照。

(1)卵が水からはみださないこと
(2)きっちり底が凹むくらいには、卵を割っておくこと

また「マグカップのサイズなどで熱の通り具合が違うため、各自で加熱の時間を多少、微調整してほしい」とのこと。

さらに、作り方のポイントやコツをおさえても、まれに卵が破裂してしまうこともあるそうです。

調理の際は、やけどやケガをしないように注意しましょう。

普通に作るのがめんどうだった!

「温玉の作り方」についてごっち。さんは、「温玉を普通に作るとめんどくさいので、レンジで時短しようと思いました」とのこと。

photoAC/胡麻麩アザラシ(画像はイメージです)

photoAC/胡麻麩アザラシ(画像はイメージです)

「卵がなるべく爆発しないように手順を加えて、今のやり方にいたりました」と話していました。

自宅に卵が残っているという方は、この機会に「温玉」を作ってみてはいかがでしょうか?

※この記事のツイートと画像はごっち。(@gotti_okaka)さんの許可を得て掲載しています。

    Posted: |Updated:

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking