シェア

「線路内」を歩く女性の写真を投稿した酒蔵メーカーが話題に…詳しく話を聞いてみた

Twitter/@sogenshuzou

Twitter/@sogenshuzou

「線路内」を歩く女性の写真を投稿したとある酒蔵メーカーに注目が集まっています。

「線路内」に侵入できる鉄道!?

1768年(明和5年)に創業、石川県の珠洲市(すずし)にある老舗酒蔵メーカー『宗玄酒造株式会社 』。

この酒蔵メーカーの公式Twitterアカウント(@sogenshuzou)が、「線路内」を歩く女性の写真を投稿しました。

Twitter/@sogenshuzou

Twitter/@sogenshuzou

なんと「どうしても線路内に侵入したい方、奥のとトロッコ鉄道にお待ちしております」とつづっています。

さらにこの「奥のとトロッコ鉄道」で、お酒の試飲もできるんだとか。

そもそも「線路内」に侵入してもいいところなどありません。

しかし、老舗の酒蔵メーカーが理由もなしにツイートするはずもなく…。

これはもう、酒蔵メーカーに問い合わせてみるしかないようです。

「行ってみたい」の声殺到!

ネット上には、「奥のとトロッコ鉄道」に「行ってみたい」といった声が多数よせられています。

お客様を増やせればと…

奥のとトロッコ鉄道」とは、一体、どのような鉄道なのでしょうか?

宗玄酒造株式会社』の担当者の方にお話を伺ってみました。

―― 「奥のとトロッコ鉄道」とは?

「奥のとトロッコ鉄道」は旧国鉄の廃線跡を、宗玄酒造が敷地を買い取りトロッコを走らせております。

もともと、トロッコでインバウンドをし、宗玄酒造のお客さんが増えればと始めた事業です。

Twitter/@sogenshuzou

Twitter/@sogenshuzou

―― なぜ、「奥のとトロッコ鉄道」でお酒が飲めるのですか?

この線路は宗玄酒造の真裏まで伸びており、トンネルまでつながっております。

トンネル内はお酒の貯蔵庫となっており、貯蔵しているお客様はトロッコに乗ったままトンネル内に入ることができるからです。

画像提供/宗玄酒造株式会社

画像提供/宗玄酒造株式会社

―― ありがとうございました。

お客さんを増やせればということで、廃線跡の敷地を買い取って始められた事業だったんですね!

石川県を訪れた際は、ぜひ「奥のとトロッコ鉄道」や『宗玄酒造株式会社』へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

※この記事のツイートと画像は宗玄酒造株式会社(@sogenshuzou)の許可を得て掲載しています。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking