シェア

Twitter/@kaya_usagi

Twitter/@kaya_usagi

医療従事者の彼に作った「健康な肺と喫煙者の肺のチョコ」のクオリティがスゴイと、Twitterで話題になっています。

「健康な肺と喫煙者の肺のチョコ」

この画像を投稿しているのは、アマミノカヤウサギ@じゃぱりぱーく(@kaya_usagi)さん。

これは、アマミノカヤウサギさんが作った「健康な肺と喫煙者の肺のチョコ」だそうです。

Twitter/@kaya_usagi

Twitter/@kaya_usagi

2月14日がバレンタインデーということで、医療従事者の彼氏のために作ってみたんだとか。

なんだか、リアルすぎる肺の形に食べるのをためらってしまいそう…。

しかし、「健康な肺」がホワイトチョコ味(赤い色素で色付け)で、「喫煙者の肺」の方はゴマ味だとのこと。

見た目はともかく、きちんと食べられるチョコだそうです。

「健康な肺と喫煙者の肺のチョコ」のクオリティがスゴイと反響を呼び、1万3千件以上リツイートされていました。

ほかの臓器もチョコに…

アマミノカヤウサギさんによると、「肺」以外の「臓器」をかたどったチョコも作ったそうです。

Twitter/@kaya_usagi

Twitter/@kaya_usagi

なお、「青銅鏡のチョコ以外はどの臓器も市販の型」を使用したとのこと。

Twitter/@kaya_usagi

Twitter/@kaya_usagi

また、「臓器チョコ」と「青銅鏡のチョコ」をラッピングしたものを、お母さんに見せたところ…。

「上野の国立科学博物館みたい」と言われてしまったそうです。

「シュール」「秀逸」との声も

ネット上には、アマミノカヤウサギさんが作った「肺のチョコ」について、さまざまな反響を呼んでいます。

ちなみに彼氏にチョコを渡したところ、爆笑してくれたそうです。

彼氏の職業に合わせて、ユニークなチョコを作ったアマミノカヤウサギさんなのでした。

※この記事のツイートと画像はアマミノカヤウサギ@じゃぱりぱーく(@kaya_usagi)さんの許可を得て掲載しています。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking