シェア

Twitter/@FRISK_P

Twitter/@FRISK_P

100均のアレを改造して作った「手のひらサイズの太陽系儀」がステキすぎると、Twitterで話題になっています。

「手のひらサイズの太陽系儀」

この画像を投稿しているのは、フリスクP(@FRISK_P)さん。

これは、フリスクPさんが作った「手のひらサイズの太陽系儀」だそうです。

Twitter/@FRISK_P

Twitter/@FRISK_P

なんと、100均のLEDキャンドルを改造して作ってみたんだとか。

準惑星の冥王星を外した、太陽系8個の惑星を再現したそうです。

Twitter/@FRISK_P

Twitter/@FRISK_P

また、ハレー彗星の軌道を表現したパーツも付け加えてみたとのこと。

全体の直径は12センチ弱とのことで、どこに置いても楽しめる大きさにしたそうです。

Twitter/@FRISK_P

Twitter/@FRISK_P

とても、100均のLEDキャンドルを改造して作ったとは思えません…。

ツイートには「サイコーです」「すごい。原型がわからない」「とってもすてきで買いたい!!」といったコメントも。

フリスクPさん作の「太陽系儀」がステキすぎると反響を呼び、「いいね」の数も1万3千件を突破していました。

「太陽系儀」を手軽に飾ってみたい…

なぜ、「手のひらサイズの太陽系儀」を作ったのでしょうか?

フリスクPさんへお話を伺ってみました。

―― 「手のひらサイズの太陽系儀」を作ってみようと思ったきっかけは?

某週刊誌の太陽系儀を持っているのですが、直径60cmのスペースが必要で置き場所に困るくらい大きくて手軽に飾れないのです。

なのでPCモニターの横やベッドサイド、本棚の空きスペースなど、どこにでも置けて楽しめるようなサイズの太陽系儀を作ってみたかったんです。

Twitter/@FRISK_P

Twitter/@FRISK_P

―― どのような素材を使用して作られていますか?

素材は100均のLEDキャンドル、100均のマチバリ、100均のプッシュピン、MDF(繊維板)などです。

MDFは100均でも買えますが、今回はホームセンターで買ったものを使用しました。

Twitter/@FRISK_P

Twitter/@FRISK_P

―― 「手のひらサイズの太陽系儀」を制作する上で、一番、凝った部分を教えてください。

一般的な太陽系儀は惑星だけの構成が多いのですが、今回、小さくまとめながらもハレー彗星を加えたことです。

軌道を表すリングにはハレー彗星についての解説も刻んでみました。

Twitter/@FRISK_P

Twitter/@FRISK_P

―― ありがとうございました。

なお、フリスクPさんは「太陽系儀」の作り方の動画も公開中です。

作り方が気になる方は、ぜひ動画を参考にしてみてはいかがでしょうか?

※この記事のツイートと画像・動画はフリスクP(@FRISK_P)さんの許可を得て掲載しています。

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking