シェア

【取材】宝石をモチーフにした「消しゴムはんこ」のクオリティがスゴい!作家さんに制作秘話を聞いてみた

Twitter/@kyouraku_stamp

Twitter/@kyouraku_stamp

宝石をモチーフにした「消しゴムはんこの作品」に注目が集まっています。

宝石をモチーフにした「消しゴムはんこ」

この画像を投稿しているのは、消しゴムはんこ作家の京楽堂(@kyouraku_stamp)さん。

Twitter/@kyouraku_stamp

Twitter/@kyouraku_stamp

これは、京楽堂さんが、宝石をモチーフにして作った「消しゴムはんこ」です。

アメジストやエメラルドなどを「消しゴムはんこ」でリアルに表現。

Twitter/@kyouraku_stamp

Twitter/@kyouraku_stamp

繊細で緻密に彫られた「消しゴムはんこ」は、宝石のようにキラキラと輝いています。

なんだか、「消しゴム」に宝石のカットを施したようです。

Twitter/@kyouraku_stamp

Twitter/@kyouraku_stamp

あまりの美しさに、ずっと眺めていたくなってしまいます。

Twitter/@kyouraku_stamp

Twitter/@kyouraku_stamp

ツイートには「どれも美しい…」「とってもとっても素敵なハンコですね」といったコメントも。

宝石をモチーフにした「消しゴムはんこ」が美しすぎると話題となり、「いいね」の数も2万4千件を突破していました。

雑貨店などで販売中

なお、現在、京楽堂さんの作品は『海福雑貨』で委託販売しています。

また、ハンドメイド通販サイト『minne』での不定期販売や展示会などにも参加。

宝石以外にも、宇宙や海の生き物などをモチーフにし、作品を制作しているそうです。

普段の日常に少しでも楽しさを…

なぜ、宝石をモチーフにした「消しゴムはんこ」を作ったのでしょうか?

消しゴムはんこ作家の京楽堂さんへお話を伺ってみました。

Twitter/@kyouraku_stamp

Twitter/@kyouraku_stamp

―― 「消しゴムはんこ作家」になろうと思ったきっかけは?

まず、「消しゴムはんこ」自体をはじめたきっかけが私の場合少し特殊で…。

中学時代に友人のカッターが、私の消しゴムに刺さってしまったことがありました。

捨てるのももったいないから、せっかくだし彫ってハンコにしようとしたのが「消しゴムはんこ」との初接触です。

作家になろうと思ったきっかけは、友人や先生に「はんこ」を彫ってプレゼントしていくうちに、自然とそうなったというか…。

こんなに喜んで使ってもらえるなら、もっと技術を磨いて素敵なものを作りたいと思ったからです。

Twitter/@kyouraku_stamp

Twitter/@kyouraku_stamp

―― 宝石をモチーフにした理由を教えてください。

以前から鉱石のモチーフはよく彫っていたんですが、偶然、家の古本整理をしていたときに、よく見ていた鉱物・宝石図鑑を見つけたんです。

そういえば、カットされた宝石はあまり彫ったことがないなと気がついて。そこでチャレンジしてみようと思いました。

Twitter/@kyouraku_stamp

Twitter/@kyouraku_stamp

―― モチーフにした宝石の種類はなんですか?

一応、ドロップカットがアメジスト、ブリリアントカットがルビーとサファイア、ステップカットがエメラルド、クッションカットがダイヤモンドです!

ただ“捺す色を変えるといろんな宝石にできる…”というのが、「はんこ」の面白いところだと思うので、あくまで宝石の種類は参考程度です。

Twitter/@kyouraku_stamp

Twitter/@kyouraku_stamp

―― 宝石の「消しゴムはんこ」を制作する過程で、難しかったまたは苦労した部分は?

基本「はんこ」は黒と白、二色の図案でモチーフを表現するんですが、カットされた宝石の輝きはさまざまな色で構成されていて…。

“とても黒白だけでは表しきれない!”と思い、斜線で中間色を表現する方法をとりました。

斜線は基本0.1~3ミリ単位の細さなので、彫っているときは特に気を使いました…。

あとは図案を描くときに、本物の宝石のキラキラ度合いが消えないように、全体の黒白斜線のバランスの調整をするのが難しかったです。

Twitter/@kyouraku_stamp

Twitter/@kyouraku_stamp

―― 「消しゴムはんこ」の作品を制作する上で、こだわりや大切にしていることはありますか?

「消しゴムはんこ」は生活必需品…という訳ではありませんが…。

それでも机の片隅にちょこっとあるだけで、“普段の日常に少しでも楽しさが生まれたらいいな!”と思っています。

そんな気持ちになってもらえるような作品づくりを心がけています。

なので、屋号の京楽堂は、京(今日を)楽(楽しく過ごすためのハンコ)堂、という意味なんです。

Twitter/@kyouraku_stamp

Twitter/@kyouraku_stamp

―― ありがとうございました。

図案の段階で、宝石の輝きが消えないように調整しながら、作っていたんですね!

京楽堂さんの作品が気になる方は、ぜひTwitterアカウントをチェックしてみてください。

※この記事のツイートと画像は京楽堂@3/12~越谷展示(@kyouraku_stamp)さんの許可を得て掲載しています。

    Posted: |Updated:

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking