シェア

【取材】電子部品がズラリ…セブン-イレブン「電気通信大学前」の品揃えがスゴい!広報担当者に話を聞いてみた

Twitter/@crow_coffee

Twitter/@crow_coffee

東京都調布市にあるコンビニ「セブン-イレブン電気通信大学前店」の品揃えがスゴいと、Twitterで話題になっています。

一味違った品揃え!

2017年4月1日にオープンしたばかりのセブン-イレブン「電気通信大学前店」を訪れた石渡昌太 (Shota)(@crow_coffee)さん。

なんと、店内にはたくさんの電子部品が並んでいます。

Twitter/@crow_coffee

Twitter/@crow_coffee

石渡さんによると、抵抗類やコンデンサ、インダクタなどもあるんだとか。コンビニで、こんなに「電子部品」を扱っている店舗は見たことがありません。

近くに国立の歴史ある情報工学系大学である電気通信大学があるため、電子部品を取り揃えた模様です。

Twitter/@crow_coffee

Twitter/@crow_coffee

ちなみに石渡さんは、電池ボックスとトグルスイッチを購入したとのこと。時間を気にせず、「電子部品」が購入できる珍しい店舗です。

石渡さんも「これでもう、午前2時に抵抗が足りなくなっても大丈夫」とつづっていました。

各店舗のニーズに合わせた品揃え

セブン-イレブン電気通信大学前店の品揃えについて、広報担当者の方にお話を伺ってみたところ…。

現時点でセブン-イレブンの店舗は1万9000以上ありますが、その店舗のニーズに合わせた商品をご用意しております。

例えば病院が近ければ“肌着”など、立地や客層によって、どのような品揃えにするのかは各店舗の判断に任せています。

ネット上には、電気通信大学前店の品揃えについて、「全国でもやってほしい」などさまざまな反響を呼びました。今後、「電子部品」を取り扱う店舗が増えるかもしれませんね。

※この記事のツイートと画像は石渡 昌太 (Shota)(@crow_coffee)さんの許可を得て掲載しています。

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング