シェア

「俺がやる」今言うの?夫との家事分担を巡る漫画に共感の声

Twitter/@chikumababy

Twitter/@chikumababy

家事の分担について描いた4コマ漫画に注目が集まっています。

家事のタイミングが…

ちくまさん(@chikumababy)は「手が空いている人が家事を進めることが大事」という4コマ漫画を描いてTwitterに公開しました。

Twitter/@chikumababy

Twitter/@chikumababy

ある日の夜、2歳の子供とお風呂に入るため、旦那さんに食器洗いをお願い。

旦那さんは「分かった」と返してくれたそうです。

Twitter/@chikumababy

Twitter/@chikumababy

しかし、お風呂から上がってみると、まだ食器は手付かずのまま……。

ちくまさんが食器を洗ったところ、旦那さんが慌てて「俺がやるからいいってば」と伝えたそう。

Twitter/@chikumababy

Twitter/@chikumababy

この時、ちくまさんは思わず「違う…!」と心の中で思ってしまったそうです。

ちくまさんは、家事は「誰がやるか」ではなく「手が空いている人が家事を進めることが大事」だとつづっています。

そうすることによって、家族みんなが早く休めるようになれるといいます。

Twitter/@chikumababy

Twitter/@chikumababy

確かに、みんなで家事をうまく回せば、いつもより時間に余裕ができますね。

漫画は話題となり、2日半ほどで「いいね」が4万8000件を突破しました。

「わかる」「細かく言って」の声も

作品は、ネット上でさまざまな反響を呼んでいます。

モヤモヤの形を漫画に

作品について、ちくまさんに背景を伺いました。

あくまで、この漫画はモヤモヤの形を表現したかっただけです。

家事は夫婦同士、または家族にも当てはまることだと思います。

男女とかではなく、家族みんなで協力しあって、手が空いた方から効率よく家事を回していきたいという思いを伝えたかったのです。

ただ、旦那さんに伝えてもいまいち理解してもらえなくて、この気持ちを形にできないかと思って描いた次第です。

IllustAC/haku

IllustAC/haku

家事の分担については、さまざまな思いがあります。

コメント欄では「効率よく家事をやりたい派」と「家事は自分のタイミングでしたい派」に分かれています。

前者は家族で協力して家事を回していくという意識で、後者は家事を「手伝っている」という意識で自分中心の考え方なのかなと感じています。

特にそれが悪いわけではないのですが、家庭を持つと後者のようには、なかなかできなくて…。

でも、その違いからくるお互いのモヤモヤについては「結局は話し合いましょう」「声を掛け合いましょう」で終わることなんですけど。

IllustAC/haku

IllustAC/haku

4コマ漫画で形にしたので描けなかった部分もあるのですが、男性が女性がという事ではないです。

でも「妻や母が怒っていた理由が分かりました」という感想を読むと、相手を理解するきっかけを作れたので、漫画を描いて良かったかなと思っています。

今は、私も旦那さんにきちんと伝えて、旦那さんも私の意図を理解して早めに家事をやってくれるようになりました。

また「皿洗いお願いできる?」「このテレビの後でもいい?」「じゃあ私がやるからいいよ」というような、やり取りができるようになったので、お互いに協力しあって、家事を回せていけたらいいなと思っています。

夫婦や家族で家事をすると、自然とコミュニケーションも増えそうです。

どちらも、お互いに協力しあって家事を回していきたいですね!

※この記事のツイートと画像はちくま@2歳2ヶ月(@chikumababy)さんの許可を得て掲載しています。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking