シェア

夫婦で合作した「ダンボールロボ」に搭乗するニャンコがめっちゃ可愛い

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

夫婦で合作したダンボールロボに乗ったニャンコが可愛いと、Twitterで話題になっています。

夫婦合作のダンボールロボ

画像の投稿者は、倉持キョーリュー(@kyoryu_kuramo)さん。

 

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

ある日、倉持キョーリューさんは、飼い猫のためのロボットづくりを発案。

猫たちがロボットの中に乗りやすいよう、操縦席を広めに設計。猫のための工作ということで、段ボールはキャットフードのものを使用しています。

ロボットの制作は奥さんが担当したそうです。

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

完成したダンボールロボには、愛猫の紫式部ちゃんが乗ってくれました。ロボの中でくろつぐ紫式部ちゃんの姿がたまりません!

倉持キョーリューさんのコメント欄には「素敵です!」「可愛い」「夫婦合作凄い!」と絶賛する声が寄せられ、1万4000件以上リツイートされていました。

ロボの制作に3日間

ダンボールロボの制作について、倉持キョーリューさんに振り返ってもらいました。

―― 段ボールでロボットを作ってみようと思ったきっかけは?

フリーランスのデザイナーになってロボットのデザインの依頼が多くなり、デザインしているうちに猫がロボットに乗ったら「可愛いかなー」と思い描いてみた次第です。

―― どのようにして作ったのですか?

「グルーガン」というおもちゃなどの制作道具の使い方を妻に説明したら、ガツガツ作り始めたのを覚えています。

―― 制作に掛かった時間は?

3日間ほど掛かったそうです。鉄で作ったら、一日でできると妻が言っていました。

デザインの図面を見て、ロボットを組み立てられる奥さんもスゴいですね!

猫たちに大好評!

ダンボールロボは、猫たちに大好評だそうです。もう1匹の清少納言ちゃんも搭乗しようとしますが、紫式部ちゃんが操縦席を独占しています。

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

Twitter/@kyoryu_kuramo

紫式部ちゃんはダンボールロボが、とても気に入ったようですね。

ロボを作ってみたい方は、倉持キョーリューさんのツイートを参考にしてみては。

※この記事のツイートと画像は倉持キョーリュー@(日)東M13a(@kyoryu_kuramo)さんの許可を得て掲載しています。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking