シェア

もちもちしてみたい…「犬ぽんぽん」のアレンジ作品が悶絶級のかわいさ!

Twitter/@trikotri222

Twitter/@trikotri222

「犬ぽんぽん」をさらにアレンジした作品に注目が集まっています。

もちもちほっぺな「柴犬ぽんぽん」

手芸作家の黒田翼さん(@trikotri222)は、毛糸をぐるぐると巻いて作る「ぽんぽん」をアレンジし、さまざまな動物をモチーフとした作品を作っています。

Twitter/@trikotri222

Twitter/@trikotri222

昨年8月の記事で、黒田さんの「動物ぽんぽん」について紹介しました。そして今回、黒田さんは「犬ぽんぽん」の中で人気が高い柴犬をさらにアレンジ!

Twitter/@trikotri222

Twitter/@trikotri222

「柴犬ぽんぽん」のほっぺを指でつまんだり、びよ~んと伸ばしています。ほっぺの中身がどうなっているのか分かりませんが…。

Twitter/@trikotri222

Twitter/@trikotri222

これは思わず指でつまみたくなってしまうほっぺです!もちっとふくらんだ「柴犬ぽんぽん」の表情にきゅんとしちゃいますね。

Twitter/@trikotri222

Twitter/@trikotri222

黒田さんの「柴犬ぽんぽん」が可愛すぎると話題となり、「いいね」も2万5000件を突破していました。

「可愛い」「欲しい」の声多数!

SNSには「わんこモチモチ」「欲しい」「かわいいwww」といったコメントが多数寄せられています。

形状記憶しているようだったので…

なお、ツイートの作品について、黒田さんはこう語っています。

「形状記憶柴」について補足をさせていただきたいのですが…。実はこちらの作品そのものが、引っ張って変形するようなものではないんです。

普通の「柴犬ぽんぽん」(毛糸のぽんぽんをカットして犬の顔の形にしたもの)を、頬が伸びているかのようにカットでアレンジした作品です。

カットでぽんぽんの形を変化させているだけで、なにか特別な材料や技術を使っているわけではありません。

「柴犬の頬がお餅のように伸びているのが可愛くて作ってみたら、形状記憶しているようだった」という趣旨のツイートでした…笑。まぎらわしくてすみません!

カットの技術だけで、柴犬のほっぺをリアルに表現してしまうとは…。

「形状記憶」の機能はなくとも、もちもちほっぺの「柴犬ぽんぽん」も近くで見てみたいですね!

この記事のツイートと画像はtrikotri(@trikotri222)さんの許可を得て掲載しています。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking