シェア

いきなり原稿料を聞かないで!漫画家への失礼な質問に「相手の立場で考えて」

Twitter/@yokoyama_bancho

Twitter/@yokoyama_bancho

「なるべく相手の立場に立って考えてほしい」と伝えた漫画に注目が集まっています。

相手の立場に立ってみよう

漫画家の横山了一さん(@yokoyama_bancho)は、「なるべく相手の立場に立って考えてほしい」と伝えた漫画を描いてTwitterに公開しました。

Twitter/@yokoyama_bancho

Twitter/@yokoyama_bancho

横山さんが飲み会に参加し、自分の職業を伝えると、たびたび「原稿料」や「印税」について質問を受けるといいます。中には「今度、オレのネタ マンガに使ってよ!」と言われてしまうことも。

質問者からすると漫画家という職業が珍しく、興味本位で聞いただけかもしれません。でも、自分の「月収」を聞かれたらどう思うのでしょうか。

Twitter/@yokoyama_bancho

Twitter/@yokoyama_bancho

Twitter/@yokoyama_bancho

Twitter/@yokoyama_bancho

横山さんは逆の立場だったら、どんなに答えづらいか考えてほしいと伝えています。

ツイートには「ホントあるあるです」「それだけ憧れの職業ということなのでは」などの声が寄せられ、「いいね!」は8000件を突破していました。

自分が似たようなことを言われたら

漫画を描いた理由について、横山さんが話します。

普段から飲み会などで漫画家という仕事について、ちょっと失礼な質問をたびたび受けることがあったので、思い立って描いてみました。

実は2年ほど前にも似たような内容の漫画を載せているのですが、それはただ不満を描いただけでした。そのため「自分が似たようなことを言われたらどう思うだろう?」という内容に変えてみました。

今回描いた漫画で、より多くの方に伝わりやすくなったのではないかと思います。

ほっこり家族の日常漫画

横山さんはブログ「きょうの横山家」などで、家族の日常の様子を描いた漫画を公開しています。

Twitter/@yokoyama_bancho

Twitter/@yokoyama_bancho

Twitter/@yokoyama_bancho

Twitter/@yokoyama_bancho

Twitter/@yokoyama_bancho

Twitter/@yokoyama_bancho

横山さん一家の日常は単行本「きょうの横山家1」にもなっています。ほっこりとした家族愛が伝わってくる漫画です。

※この記事のツイートと画像は横山了一(@yokoyama_bancho)さんの許可を得て掲載しています。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング