シェア

寒さもへっちゃら!雪まみれになって遊ぶ「レッサーパンダ」が可愛すぎる

Twitter/@aki_safariland

Twitter/@aki_safariland

雪まみれになって遊ぶレッサーパンダの姿が可愛すぎると、Twitterで話題になっています。

雪の上で遊ぶレッサーパンダ

1月25日、山口県美祢市にある秋吉台サファリランドのTwitterアカウント(@aki_safariland)が、雪の上で遊ぶレッサーパンダの写真を公開しました。

Twitter/@aki_safariland

Twitter/@aki_safariland

写真には、雪まみれになりながら遊ぶレッサーパンダのヨウくんの姿が写っています。

Twitter/@aki_safariland

Twitter/@aki_safariland

寒いのが平気なのか、スタッフさんと追いかけっこをしていたんだとか。

Twitter/@aki_safariland

Twitter/@aki_safariland

降り積もった雪の上を元気いっぱいに走り回るヨウくん。そのため、たくさんの雪が顔についてしまったそうです。

Twitter/@aki_safariland

Twitter/@aki_safariland

雪の上ではしゃぎまくるヨウくんの姿がたまりません。ヨウくんの姿が可愛すぎると話題となり、「いいね」も1万6000件を突破。

ツイートには「かわいすぎ」「元気いっぱいですね」といったコメントが多数よせられていました。

レッサーパンダは寒さに強い!

レッサーパンダは寒さに強い動物なのでしょうか。秋吉台サファリランドのスタッフ・田渕さんにお話をうかがってみました。

―― レッサーパンダは寒さに強いのでしょうか。

レッサーパンダは、もともと寒い地域に住んでいる動物で全身がふわふわの被毛に覆われています。

体の寒さ対策ができているので冬はとても元気です。ただ、暑さには弱くて暑すぎると、全然動かなくなります。

夏でも子供のレッサーパンダは遊びますが、気温が30度になってくると、大人は体がだらけてしまいます。

Twitter/@aki_safariland

Twitter/@aki_safariland

―― 被毛にたくさんの雪がついていますが、被毛がぬれてもすぐ乾きますか?

速乾性はありませんが、茶色の被毛の内側に毛が密集して生えているので、ぬれても気にならないようです。

また、内側の被毛がぬれなければ体温が下がることもありません。

Twitter/@aki_safariland

Twitter/@aki_safariland

―― レッサーパンダは雪の上を走っても、足の裏は冷たくないのでしょうか。

レッサーパンダの足の裏にも被毛がびっしり生えています。

犬と違って肉球も見えません。肉球も寒さ対策で被毛に覆われているので冷たくないようです。

―― ありがとうございました。

レッサーパンダは足の裏まで、しっかりと寒さ対策ができていたんですね!

雪で遊ぶレッサーパンダの姿を見てみたい方は、ぜひ秋吉台サファリランドまで足を運んでみては。

※この記事の画像と動画は秋吉台サファリランド(@aki_safariland)の許可を得て掲載しています。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング