シェア

激レアな「龍涎香」かも?奄美の海辺で拾った謎の塊からいい香り

Twitter/@kameminoji

Twitter/@kameminoji

海で拾った塊が「龍涎香(りゅうぜんこう)」かもしれない事案が発生しました。

海で拾った塊から、いい香りが…

この画像を投稿しているのは、みのじ(@kameminoji)さん。みのじさんの旦那様が、鹿児島・奄美群島にある加計呂麻(かけろま)島で石のような塊を拾ってきたんだとか。

旦那様は琥珀(こはく)だと思い、拾ってみたとのこと。さっそく塊を磨いてみたところ、とてもいい香りが漂ってきたそうです。

「龍の涎(よだれ)の香り」と書く龍涎香は、マッコウクジラの腸内に発生する結石で、ジャコウのような強い香りがすることから高級な香料に使用されています。

Twitter/@kameminoji

Twitter/@kameminoji

Twitter/@kameminoji

Twitter/@kameminoji

拾った塊はクセになる香りがするそうで、みのじさんは「何度も匂いをかいでしまう」と興奮気味に伝えます。

もし本物だとしたら、貴重なお宝の発見になるのではないでしょうか。みのじさんのツイートが話題となり、「いいね」も5700件を突破していました。

驚きの声多数!

ツイートには「すごい!!」「鑑定団出しましょう!」といったコメントが多数寄せられています。

本物でも偽物でも

今回、海で拾った塊について、みのじさんを通して旦那様が質問に答えてくれました。

Twitter/@kameminoji

Twitter/@kameminoji

―― 「海で拾った塊」について詳しくお教えてください。

浜を歩いていて違和感を感じるものを見つけたら、ほぼ無意識に拾います。最初は何か分からず拾い上げました。太陽の光で一部琥珀色の部分が見えたことと、岩石のそれよりは軽いので、その時点では「琥珀かな?」と思いました。

体温ほどでも熱が伝わるとほのかに香りますが、当初は匂いを発するというのは想定外でしたので、その、ほのかな香りはほとんど気にしていませんでした。

最初は堅いブラシや布などで擦って磨いていましたが「なんか匂うな?」くらいでした。次に艶を出そうとリューターにフェルトを付けて磨き始めたら、ほんの数秒で摩擦熱が生じ、その瞬間すぐに香りが立ち込めました。

本当のムスク(麝香・ジャコウ)の匂いの記憶が曖昧なので、ムスクのようかは分かりませんが、ジャコウネコとムスクは似ている匂いだと聞いています。

―― どこかの機関や専門家に鑑定を依頼しますか?

ネット上でいろいろと情報があふれていますので、それらの情報からまずは自分が納得できるまで調べてみます。

それでも疑問が残ればどこか信頼できそうなところに鑑定を依頼するかもしれませんが「自分が本物だろう…」と思えれば、鑑定の「お墨付き」にさほど興味はないので鑑定はしません。

―― もし本物だったら、どうしますか?

本物だったとしても、疑惑の物体は全然大きくないので、ネットで見る情報が正しいという前提で価値を換算してもそんなにスゴイ金額にはならないようです。

もし何十キロのものでしたら話は違ってくると思いますが、性根が収集家ですので、今回拾ったものは本物でも偽物でも大事なコレクションにします。

―― ありがとうございました。

Twitter/@kameminoji

Twitter/@kameminoji

旦那様によると、どちらにしても大事なコレクションの一部として保管するそうです。

本物かどうかはさておき、海に宝物が落ちているかと思うと、なんだかワクワクしてきちゃいますね!

※この記事のツイートと画像はみのじ(@kameminoji)さんの許可を得て掲載しています。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング