シェア

【撮影者に取材】「世界よ、これが茂原だ」千葉・茂原公園の夜桜が幻想的

Twitter/@ohisamaking

Twitter/@ohisamaking

千葉県茂原(もばら)市にある茂原公園の「夜桜」が美しいと、Twitter上で話題になっています。

茂原公園の「夜桜写真」

まつざきさん(@ohisamaking)が3月27日、Twitter上に茂原公園で撮影した「夜桜」の写真を投稿しました。

Twitter/@ohisamaking

Twitter/@ohisamaking

ライトアップを浴びた桜の花は淡いピンク色を放ち、池の水面は鏡のように樹影を映し出しています。

幻想的な美しさが、見る者を写真に引き込みます。

Twitter/@ohisamaking

Twitter/@ohisamaking

まつざきさんが「世界よ、これが茂原だ」とツイートしたのも、うなずける桜の名所です。

ツイートには「とても綺麗ですね!」「美しい」などの声が寄せられ、「いいね」も2万件を突破していました。

桜本来の色に近づくように

茂原公園の「夜桜写真」は、どのように撮影しているのでしょうか。

さっそく、まつざきさんにお話をうかがってみました。

―― 写真撮影を始めたきっかけは?

Jリーグの「柏レイソル」が好きでサポーターをやっています。

全国各地で開催されるアウェイの試合に、ほぼ毎回行っていまして、そのついでに観光地の写真を撮りたくて一眼レフカメラを購入したことがきっかけです。

Twitter/@ohisamaking

Twitter/@ohisamaking

―― 千葉県の風景をメインに撮影する理由を教えてください。

もちろん地元だということが大きいです。

自分の写真を使って地元の町おこしに繋がることをしたいという考えがあります。また千葉の良さが出るような写真を撮って広めることで、観光客が少しでも増えてほしいと思っています。

実際に3月31日に茂原公園で「夜桜シネマ」という、野外シネマを上映するボランティアの企画のポスターに私の写真を使用していただきました。

Twitter/@ohisamaking

Twitter/@ohisamaking

―― 「夜桜写真」は、どのようなカメラを使って撮影していますか?

カメラ本体はCanonの「EOS80D」を使っていて、SNSに写真を載せる際には「#EOS80Dの限界を求め」というハッシュタグを毎回つけています。

レンズは「SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC」を使っていて、三脚は「SLIKのE84」を使って撮影しました。

Twitter/@ohisamaking

Twitter/@ohisamaking

―― 「夜桜写真」は何か加工などされていますか?

Photoshopにて明るさの調節や色かぶりの補正を行っています。実際に茂原公園をカメラで撮影すると、ライトアップに白色で明るめのライトを使用しているようです。

そのため、色かぶりが激しく、ほとんどの場所が緑色のような色だったりで、明るく写りすぎてしまいます。なので撮影の際には白トビしないように注意してRAWで撮影し、桜本来の色に近づくように心掛けてPhotoshopで現像しています。

Twitter/@ohisamaking

Twitter/@ohisamaking

――風景写真を美しく撮影するポイントやコツなどをお教えてください。

ここ最近のカメラ人口の増加に伴いマナーの良くない方をかなり見かけるようになりました。

そこで特に最近はカメラで撮影してる人の優先度は地元や観光客の方々より、はるかに低いと考え、撮影時には常に回りに気を配れるようにしています。

その上で自分が「いいな」と思った風景を自分の好きなように切り抜き、撮影時に肉眼で目の当たりにした自分のイメージに近づくように現像しています。

―― ありがとうございました。

Twitter/@ohisamaking

Twitter/@ohisamaking

地元への思いが伝わってくるステキな写真ばかりでしたね!

まつざきさんの写真が気になる方は、ぜひTwitterアカウント(@ohisamaking)をチェックしてみては。

※この記事の画像はまつざきさんの許可を得て掲載しています。

関連タグ:

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング