シェア

ストッキングの「お腹周りの拘束感」を解消する裏技が目からウロコ!

Twitter/@usagimaruuu

Twitter/@usagimaruuu

ストッキングの「お腹周りの拘束感」を解消する裏技に注目が集まっています。

ストッキングのあの拘束感を解消

うさぎまるさん(@usagimaruuu)は6月4日、ストッキングの「お腹周りの拘束感」を解消する裏技をTwitterに公開しました。

Twitter/@usagimaruuu

Twitter/@usagimaruuu

ストッキングは長時間履くと、お腹周りに強い拘束感を感じます。写真のように、ストッキングのゴムの部分をカットすると「お腹周りの拘束感」を和らげるそうです!

しかし、ストッキングが伝線しやすくなってしまうような気も…。

うさぎまるさんによると、カットしたストッキングを洗濯しても破れなかったとのこと。ネットで探した裏ワザということですが、目からウロコの方法に「いいね」も2万件を突破していました。

やってみます、試してみようの声多数

Twitterには「これはOLライフハック!」「いいですねやってみます!」といったコメントが多数よせられています。

息苦しさもなく跡も残りにくい

ツイートの裏技について、うさぎまるさんはこう語っています。

通常通りにストッキングを履くとキュッと締め付けられて息苦しいですし、脱いだ後、わりとくっきり跡がつきます(小さい輪ゴムをずっと手首につけてる感覚というか…)。

あとはストッキングを脱ぐと、ふぅーっと息がしやすくなる感じがあるかと思います。写真のように切ることによって、お腹の締め付けが緩くなり、息苦しさがなくなります。

帰宅後も「今すぐ脱ぎたい!」という気持ちも軽減します。ウエストに跡も残りにくいです。この裏技でストッキングを履くのがとても楽になりました。

ストッキングをカットする際は、ウエストの太いゴムを少し残すのがコツです。最後まで切ってしまうと、おそらく伝線してしまいます。

ストッキングのウエスト部分を少しカットするだけで、ずいぶん履き心地が楽になるそうです。

ストッキングの「お腹周りの拘束感」に悩んでいる方は、ぜひこの裏技を参考にしてみては。

※この記事のツイートと画像はうさぎまるさん(@usagimaruuu)の許可を得て掲載しています。

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング