シェア

【取材】静岡限定の“深海プリン”が美しい!爽やかなラムネ味、販売店は元寿司店

Twitter/@reisuiz

Twitter/@reisuiz

静岡県沼津市にある深海をテーマにしたプリン専門店が注目を集めています。

深海をテーマにしたプリン専門店

ゆれいお/れいさん(@reisuiz)は7月17日、13日にオープンしたばかりの「沼津深海プリン工房」の深海プリンの写真をTwitter上に投稿しました。

Twitter/@reisuiz

沼津深海プリン工房 Twitter/@reisuiz

Twitter/@reisuiz

沼津深海プリン工房 Twitter/@reisuiz

青色のゼリーのような層とプリンが重なり、とてもきれいなプリンです。

投稿者は、青色の層の部分はラムネ味でプリンとの相性も良くおいしかったと話します。

爽やかな風味で夏にぴったりのようですが、これは実際に味わってみたくなりますね。

ツイートには「すごく綺麗なプリンですね」「めちゃめちゃ食べたい!」などの声が寄せられ、「いいね」は5万件を超えていました。

お寿司屋さんからプリン専門店に転換

沼津深海プリン工房を経営する株式会社北海物産は、もともとは同所で寿司店を営業していました。

寿司店からプリン専門店へと異なる分野へ転換した経緯を同社に聞いてみました。

画像提供/株式会社北海物産

沼津深海プリン工房 画像提供:株式会社北海物産

―― 沼津深海プリン工房をオープンしたきっかけは?

北海物産では、これまで静岡県の土地で寿司店を3店舗、マリンタウンにて土産店を1店舗営んでまいりました。

静岡県の名物である新鮮なお魚を使ったお寿司をお客様に提供し、「おいしい」と言っていただけることが私たちの喜びでした。

私たちが店舗を展開する沼津港には、魚介を扱う店舗が多くある一方、訪れてくださる観光客の方々に「沼津といえばこれ!」とオススメできるお土産があまりないことに気が付きました。

そこで今回、沼津港の店舗を閉店し、老若男女どなたでも楽しんでいただけるスイーツをということで“プリン専門店”としてリニューアルオープンする決断をいたしました。

画像提供/株式会社北海物産

沼津深海プリン工房 画像提供:株式会社北海物産

―― クラウドファンディングで資金を調達した経緯について

より多くの方に沼津深海プリン工房を知っていただきたいということで、グランドオープン記念でクラウドファンディングに挑戦しました。

寿司店を閉め、プリン専門店への変更はかなりの決断を迫られましたが、ごひいきにしてくださった皆さまへ、感謝の気持ちを伝えたいと思いました。

初めて知ってくださった方々にも、味だけでなく何度でも訪れたい場所にしたいと思い試みました。

画像提供/株式会社北海物産

沼津深海プリン工房 画像提供:株式会社北海物産

―― 現在、4種類のプリンがありますが、それぞれ味の特徴を教えてください。

【プレーン】
静岡県産の濃厚な牛乳を使用したプリン専門店のベースとしてこだわり抜いた王道のプレーン味。まろやかで深みのある味わいと、他にはないなめらかさが特徴です。

【塩キャラメルプリン】
沼津で1500年以上の伝統を持つ「戸田塩」を活かしながら、おいしいプリンにするため、悩み抜いた末「塩キャラメル味」のプリンに辿り着きました。まずは一口「塩キャラメルプリン」を味わい、その後混ぜてから召し上がっていただくと、一度で二度おいしいプリンになっております。

【抹茶プリン】
地元の静岡でとれた「高級抹茶」と「高級ぐり茶」を使用した抹茶味のプリン。抹茶とぐり茶を混ぜ合わすことで、コクと深みのある味わいになっています。

【深海プリン】
沼津深海プリン工房だけでしか食べられないオリジナルのプリン。試行錯誤を何度も重ね、深海らしさだけでなく、おいしさも追求しました。プリンの上には“ラムネジュレ”がのっており、爽快感もあって、どことなく懐かしい味わいが香る逸品です。

どのプリンも大切な方への手土産として、また静岡県や沼津のお土産としてオススメです。

画像提供/株式会社北海物産

沼津深海プリン工房 画像提供:株式会社北海物産

―― 深海プリンを開発する上で、苦労した点はありますか?

沼津と言えば、そして店舗が位置する沼津港と言えばということを考えたときに、沼津港が面する日本の湾の中でも最も深い「駿河湾の深海」をテーマにすることを決めました。

苦労した点は、やはり見た目に深い海の水をイメージできることと、見た目だけでなく味も海を想像できることです。

本当に長い時間と試行錯誤を重ね、プレーン味のプリンの上に青い気泡のあるジュレをのせることで表現しました。ジュレや青い色を出すための素材や製法は企業秘密です。

画像提供/株式会社北海物産

沼津深海プリン工房 画像提供:株式会社北海物産

―― Twitterの反響について

私が初めてTwitterが凄いことになってると聞いたのは息子からでした。「いいね」の数が5万件ということが、正直どんなに凄いことか分かりませんでした。しかし、日本では凄いことだと聞いて、その方のツイートを読ませていただきました。

嬉しかったのは、プリンの写真を素敵に撮影してくださったこと、また自慢の深海プリンを褒めてくださっていたこと、言葉の使い方でその方の人柄も伺えました。

そして青と黄色の配色がお気に入りのようでした。深海の青とプリンの黄色ということで、店舗の所どころに青と黄色を使って表現しています。

店舗や小物のデザインも、店舗の改装に携わった沢山の方々のアイデアの集大成でしたので、店舗が可愛いと褒めていただいたことも、とても嬉しかったです。

―― ありがとうございました。

沼津深海プリン工房 画像提供:株式会社北海物産

沼津深海プリン工房 画像提供:株式会社北海物産

地元の素材にこだわって、何度も試行錯誤を重ねて完成したプリンだったんですね!

なお、現在はプリンの通信販売などは行っていないそうです。静岡県沼津市を訪れた際は、ぜひ沼津深海プリン工房へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

※この記事の画像は、ゆれいお/れいさんと株式会社北海物産の許可を得て掲載しています。

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング