シェア

【取材】ハリネズミ・モチーフの「鉱石ねずみ」が可愛すぎる!作家に話を聞いてみた

Twitter/@kohey2138

Twitter/@kohey2138

「鉱石ねずみ」のオブジェが可愛すぎると、Twitterで話題になっています。

これは可愛い「鉱石ねずみ」

写真を投稿しているのは、こうへいさん(@kohey2138)。これはこうへいさんのお友達が制作した「鉱石ねずみ」のオブジェだそうです。

Twitter/@kohey2138

Twitter/@kohey2138

こうへいさんのお友達は、この「鉱石ねずみ」をひとつひとつ、コツコツと手作りで制作しているんだとか。

ハリネズミの背中の部分が空いた入れ物を作成し、それにレジンで鉱石の形に型どりしたハリを入れています。

Twitter/@kohey2138

Twitter/@kohey2138

またレジンでできたハリの中には、ドライフラワーのような植物を閉じ込めた模様。

神秘的なキレイさと、ハリネズミの可愛さが際立ち、しばらく作品に見入ってしまいます。

Twitter/@kohey2138

Twitter/@kohey2138

この可愛さは部屋に飾ってみたくなりますね。ツイートには「すごくかわいいですね!」「めっちゃ欲しい」などの声が寄せられ、「いいね」も19万件を突破していました。

鉱石動物作家として活動中!

今回、話題になった「鉱石ねずみ」のオブジェを制作したのは、鉱石動物作家のwatariさん(@_hoshikui_)。

watariさんは、ネットショップのBASEsuzuriで「鉱石ねずみ」などのグッズを販売しています。

また、いろんな作家さんの作品にも触れたい、勉強したいという思いから、関西で開催されたイベントに1度参加したことも。

しばらく制作に専念するため、イベントへの参加予定はありませんが、グッズについてはネットショップメインで販売するそうです。

合体したらすごく可愛くなると思って…

なぜ、ハリネズミをモチーフにした作品を制作したのでしょうか?

鉱石動物作家のwatariさんへお話をうかがってみました。

―― ハリネズミをモチーフにした作品を作り始めたきっかけは?

もともとハリネズミが好きで、数年前にハリネズミを飼っていました。

近年のハリネズミブームで、世の中には可愛いハリネズミグッズがすでにたくさんあったので、その中で自分だけのオリジナリティーを出せないかなと考えていました。

鉱石ねずみ(ルビーの花の夢)・アクリルブロック Twitter/@_hoshikui_

鉱石ねずみ(ルビーの花の夢)・アクリルブロック Twitter/@_hoshikui_

―― 「鉱石ねずみのオブジェ」のアイデアは、どのようにして思いつきましたか?

鉱石とハリネズミが好きなので「合体したらすごく可愛くなるのでは」と思ったからです。

Twitter/@_hoshikui_

Twitter/@_hoshikui_

―― 「鉱石ねずみのオブジェ」の素材について、詳しく教えてください。

鉱石を原型に型どり、透明レジンを流しています。中にはドライフラワーを封入しています。

体も原型を作り、レジンキャストで複製していましたが、今後は石粉粘土でひとつひとつ手作りしていくので素材も質感も変わります。

Twitter/@_hoshikui_

Twitter/@_hoshikui_

―― 「鉱石ねずみのオブジェ」を制作する上で苦労した、または難しい部分はどこですか?

フィギュア作りの知識がなかったので調べたり、道具をそろえたり、実験するように作っていました。

1体完成するまで、たくさんの日数が掛かってしまいました。目は小さすぎて塗るのが本当に大変でした。

Twitter/@_hoshikui_

Twitter/@_hoshikui_

―― Twitterの反響について

現実味がなさすぎて起きたまま夢を見ているような…。でも心臓はすごくドキドキしていました。

今でもちょっと信じられないくらいです。大勢の方々に私の作品を見ていただけて本当に嬉しい気持ちです。

「鉱石ねずみ」を紹介してくれた友人に感謝しつつ、これからも自分のペースで納得のいく作品を作っていきたいと思います。

―― ありがとうございました。

Twitter/@_hoshikui_

Twitter/@_hoshikui_

鉱石とハリネズミを合体させるアイデアが浮かんで制作した作品だったんですね!

watariさんの作品が気になる方は、ぜひTwitterアカウント(@_hoshikui_)をチェックしてみては。

※この記事のツイートと画像はこうへいさん、watariさんの許可を得て掲載しています。

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング