シェア

東京オリンピックで通訳をやりたい!90歳のおばあちゃんが孫から英語を習うLINEが微笑ましい

Twitter/@Grandma_English

Twitter/@Grandma_English

今年で90歳になるという祖母にLINEで英単語を教える孫のツイートが注目を集めています。

孫からLINEで英単語を学ぶ祖母

LINEの会話画面のスクリーンショットを投稿したのは、おばあちゃん英語さん(@Grandma_English)。

投稿者であるお孫さんが、おばあさまにLINEで英単語を教えた際のやり取りだそうです。

Twitter/@Grandma_English

Twitter/@Grandma_English

今年で卒寿を迎えるおばあさまは、なんと「東京オリンピックで通訳をやりたい」と考えており、英語を教えてほしいと頼まれたといいます。

お孫さんは、LINEで毎日1つの英単語を教えることに。

おばあさまは、お孫さんが出した英単語の問題にLINEで返信します。

Twitter/@Grandma_English

Twitter/@Grandma_English

英文をカタカナで送信したおばあちゃんの解答に対して、お孫さんが正しい英文と読み方を送信。

おばあさまが英語を読めるようにと、単語の下にそ意味と読み方も添えて分かりやすく伝えています。

英単語の復習テストも

お孫さんは英単語の復習テストをすることにしました。

1問目の「きゅうり」には、おばあさまは「アイライク キユウカンバ」と解答。「正解!」との返信に「うれしい」と答えています。

お孫さんとおばあちゃんのやり取りにほっこりしちゃいますね!

Twitter/@Grandma_English

Twitter/@Grandma_English

Twitter/@Grandma_English

Twitter/@Grandma_English

ツイートには「おばあちゃん見習わなきゃ!」「ボケエッグプラントw」「素敵なやり取りですね」などの声が寄せられ、「いいね」も8万件を突破していました。

できるだけ祖母に身近な言葉を

英語を学び始めたおばあさまについて、投稿者のお孫さんにお話を伺いました。

―― おばあちゃんは、以前から英語を学んでいたのですか?

祖母は海外旅行によく行く人で、常々英語を勉強したいとは思っていたようです。

ただきっかけもなく諦めていたと話していました。

―― 英単語の問題の選び方は、どのようにして決めていますか?

問題は私のほうで選んで出題しています。できるだけ祖母に身近な言葉を選ぶようにしています。祖母は私の両親と3人暮らしなのですが、最初は父が家庭菜園で育てている野菜の名前を出題していました。

野菜→果物→体の部分など身近な言葉を連続して出すようにしているのですが、祖母は事前にある程度、問題を予想して父と母に英単語を聞いているようです。

―― Twitterの反響について

予想以上だったので率直に驚きました。祖母は自分のTwitterアカウント(@aoikesi)を持っていて、そのアカウントでもフォロワーが8000人以上います。

Twitterとの相性はいいだろうなとは思っていたのですが、このアカウントのフォロワーが一晩で29人から1万人を超えたのには、さすがにビックリしました。

祖母にも一応この状況は伝えているのですが、恥ずかしそうに大笑いしていました。

―― ありがとうございました。

おばあさまのように、いくつになっても学ぶ姿勢を保ち続けられる人になりたいですね!

お孫さんとおばあさまの英語のやり取りが気になる方は、ぜひTwitterアカウント(@Grandma_English)をチェックしてみては。

※この記事のツイートと画像は投稿者の許可を得て掲載しています。

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング