シェア

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

フリクションを車内に放置したところ、全色が無色透明になってしまったというツイートが注目を集めています。

フリクションが無色透明になる

げっちゅさん(@geccyuonice)は、こすると書いた文字が消えるフリクションペンについてツイートしました。

フリクションペンをこの炎天下の中車内に放置していたら全色透明になって書けなくなりましたファwwwwwwつまり。現在の車内はゆうに60℃超えてるという訳だ…。何をどう間違えても子供やお年寄りをエアコンつけてたとしても車内に置いたまま買い物なんてしちゃ駄目だよ。死ぬよ、マジで。
引用:Twitter/@geccyuonice

フリクションを車内に放置したところ、4色のインクが全て無色透明になってしまったそう。

フリクション(FRIXION)は、株式会社パイロットコーポレーションが独自に開発した特殊なインキを採用したカラーペンです。

このインキは60度以上の熱で無色透明になり、摩擦熱を起こすことで文字が消える仕組み。ゆえに、保管場所にも気を付ける必要があります

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

しかし、げっちゅさんのコメント欄には「冷凍庫で冷やしたら、復活しますよ」といった声が…。

無色透明になった場合でも、ペンを冷凍庫で冷やすと再び発色するようです。はたして本当に復活するのでしょうか?

マイナス20度前後で色が戻る?

さっそく、フリクションを製造・販売する株式会社パイロットコーポレーションの担当者の方にお話を伺いました。

―― 60度以上の場所にフリクションをどのくらいの時間放置すると、特殊インキが無色透明になりますか?

「フリクションインキ」は、温度変化で筆跡を消すことができる筆記具です。

「フリクションインキ」は60度以上になると透明になり、マイナス10度以下になると元の色が復元し始め、マイナス20度前後になると完全に色が戻るという特性を持っています。

つまり、経過時間ではなく、60度以上になると色が消えてインキが無色になります。したがって直射日光の当たる場所や、高温になる場所に置かないように注意してください。

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

―― 特殊インキが無色透明になった時と、紙に書きこんだ文字が消えた時の対処法について

フリクションが無色透明になってしまった時も、紙に書き込んだ文字が消えた時もインキの復元方法は、ほぼ一緒です。無色透明になったフリクションを冷凍室に一晩以上入れたままにしてください。

ノートに書き込んだ文字が消えた場合も、ノートを「フリーザーバッグ」に入れてから冷凍室に入れてください。

あとはフリクションを取り出し、室温に2~3時間置いて自然解凍させた後、試し書きをしてからご使用ください。

ただし、無色透明になったペンの復元と違い、ノートの文字の復元については『文字を消して重ね書きしていても、書いた文字はすべて戻る』ということです。

文字が重なって復元してしまいますので、その点はご注意いただければと思います。

どちらの復元方法についても、確実に色が戻ることを保証するものではありませんのでご了承ください。詳しくはこちらをご参照ください。

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

温かい飲み物とノートPCには要注意

―― 意外と知られていない場所(家庭や職場)で、特殊インキが無色透明になりやすいところはありますか?

実際にお客様から問い合わせがあった例をご紹介します。

・手帳の上にコーヒーカップを置いていたら、筆跡が消えてしまった。

・ノートPCケースに、PCとフリクションで書いたノートを一緒に持ち歩いたところ、筆跡が薄くなってしまった。

・良く晴れた日にフリクションで書いたノートを入れた黒い鞄をコンクリートの上に置いていたら、消えてしまった。

・窓際の机の上にフリクションを置いていたら、インキが透明になってしまった。

室温が60度以上にならなくても「モノ」は蓄熱するため、60度を超える場合があります。ご注意ください。

―― まだインキが残っているのに出にくくなることがあります。対処法はありますか?

フリクションは感熱紙など紙の種類や、印刷物の特性によっては消去に不向きな場合があるので注意してください。

フリクションに限らず、「ボールペン」が書けなくなる理由をご紹介します。このような筆記不良になると再生させることができませんので、これらのことに気を付けてご使用下さい。

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

ボールペンが書けなくなる4つの理由

1.空気呑み込み:ペン先を水平よりも上向きで筆記するとインキが重力により後ろ側に引っ張られ、ペン先から空気が入り書けなくなります。さらにそのまま放置するとインキ逆流及び、インキ漏れの恐れがあります。※ペン先が水平より上を向いていないか確認して筆記して下さい。

2.チップ先端損傷:ボールペンのペン先は超精密部品です。過度な衝撃を加えると、ペン先が損傷しボールの回転の悪化、インキ流路閉塞の原因になります。※筆記後は必ずペン先を収納、またはキャップをしめて下さい。

3.紙繊維・コート詰まり:紙によっては、ペン先で紙表面の紙繊維やコート剤を削り取ってペン先を詰まらせることがあります。特に「寝かせ書き」はその大きな原因となりますのでご注意ください。※ノートや手帳のような筆記具に適した紙を選び、ペンを60度以上の角度に立てて書いて下さい。

4.インキ変質:製造から何年も経ったインキは、変質、劣化してしまいます。さらに保存状態によっては品質の劣化が早まってしまう場合があります。

※直射日光や高温を避け、できるだけ安定した場所で保存してください。油性は製造から3年、フリクションのような水性(ゲル)は2年を目安にお使い下さい。

―― フリクションペンの理想的な保管方法について教えてください。

筆記及び、描画以外には使用せず、使用後は必ずキャップをしめてください。

直射日光の当たる場所や高温下に放置しないでください。本体の温度が60度以上になるとインキが無色透明になります。

―― ありがとうございました。

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

画像提供/株式会社パイロットコーポレーション

日常的に使うフリクションやボールペンといった文房具。正しい使い方と保管方法を守り、大事に長く使っていきたいですね!

※この記事のツイートは投稿者の許可を得て掲載しています。

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング