シェア

初めて猫を飼った時を描いたマンガ

@bou128/Twitter

@bou128/Twitter

初めて猫を飼い始めた時のことを描いたマンガに注目が集まっています。

猫を飼い出した時の初々しい気持ち

AKRさん(@bou128)は3月3日、初めて猫を飼い始めた時のことを描いたマンガをTwitterに公開しました。

@bou128/Twitter

@bou128/Twitter

2014年の12月、猫を飼うために動物病院を訪れたAKRさんは、その動物病院で保護されていた猫を引き取ることにしました。

生後半年くらいのオスの子猫で、黒猫だったことから、くろあんくんと名づけたそうです。

@bou128/Twitter

@bou128/Twitter

AKRさんはくろあんくんを抱っこした際、思っていたよりも、猫は大きい生き物だと感じました。

初日から人なつこい子猫

猫を飼うために、飼い方の本を読んでいたAKRさん。

@bou128/Twitter

@bou128/Twitter

本には飼い始めの頃はしばらくケージの中で慣らす、無理やり猫に触らないことなどが記されていました。

しかし、くろあんくんは初日から、AKRさんの膝の上に乗ってきたといいます。

@bou128/Twitter

@bou128/Twitter

猫は思っていたよりも、人なつっこい生き物だと感じたそうです。

飼育本には書いていないことも

さらに初日の夜、AKRさんが寝ようと布団に入ろうとしたところ…。

@bou128/Twitter

@bou128/Twitter

もの凄いスピードで、AKRさんの布団の真ん中にやってきたくろあんくん

しかし、布団の中で寝るのではなく、なぜかAKRさんの布団の上で寝たそうです。

@bou128/Twitter

@bou128/Twitter

くろあんくんの重みを感じながら、本の通りにならないことにドキドキするAKRさんなのでした。

野良猫なのか動物病院に確認

あまりにもくろあんくんが人なつこいため、本当に野良猫だったのか、動物病院に確認したAKRさん。

@bou128/Twitter

@bou128/Twitter

すると獣医師さんは、くろあんくんが野良猫であることは間違いないとし、人なつこすぎることが原因で保護したそうです。

そして、くろあんくんを引き取ってから3日後、早くもAKRさんの布団の中で一緒に寝るようになったんだとか。

@bou128/Twitter

@bou128/Twitter

猫は思ってたよりも、不思議な生き物だと感じずにはいられないAKRさんなのでした。

友人との会話がきっかけ

今回の猫のマンガを描いた理由について、AKRさんはこう語っています。

あのマンガというかお話は、友人と「2月22日だね、ニャンニャンニャンの日だね、ウチのネコチャンはね…」という感じで、猫の日について会話していたことがきっかけです。

それで懐かしい気持ちになり、ちまちまと書きだしたものになります。実は猫の日の2月22日はとうに過ぎていたので、今さらすぎて、なんだか恥ずかしいです。

くろあんくん @bou128/Twitter

くろあんくん @bou128/Twitter

猫の方から積極的に懐いてくれるとは、なんとも羨ましいかぎりです。

SNSには「腕枕羨ましい」「うちの子もこんな感じ」などの声が寄せられ、「いいね」も6万件を突破していました。

Posted: |Updated:

Text by 羽田 早菜

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング