シェア

3Dプリンタの普及で趣味の楽しみ方も様変わり ちょっとした陶芸家気分を味わうことも可能に

2b46cc2295439bf7a7452bc32cf4af232

3Dプリンターの普及とそれを生かしたアプリのおかげで、これまでデジタル上でしか楽しめなかった“オリジナル”作品を実際に手にできるようになってきた。

たとえば、Infinite Dreams Incが提供する陶芸アプリ〈Let’s Pottery〉では、自分の手で壷の形を整え、色をつけ、ちょっとした陶芸家気分を味わえるだけでなく、アプリ上で仕上げた作品を実際に“プリントアウト”して送ってもらうことができるのだ。同社サイトのギャラリーを見ると、「これ、3Dプリンティングで作ったの?」と思うような見事な作品が並んでいる。

 また、着せ替え人形の世界も様変わりしつつある。以前は、洋服やアクセサリーで個性を出すのが関の山だったが、Makie Labが提供しているiPhoneアプリ〈Makies Doll Factory〉では、肌の色、髪の色やスタイル、目の色や形、眉の形、鼻の高さ、口の大きさまで選ぶことができ、選択肢も多数用意されている。服やアクセサリーを選び、お気に入りの人形ができたらギャラリーに登録でき、こちらもオーダーすれば、“プリントアウト”をして2週間ほどでデリバリーをしてもらえる。

3Dプリンティング用のアプリはデジタルと現実の世界の橋渡しをしてくれる存在と言えそうだ。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=lf8vK-pFlY4[/youtube]
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=Vkj54PG2cQw[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking