シェア

幼少期に母親と密接な絆を結んでいた男性は高収入、父親とよい関係にあった男性は幸福度が高いと判明

flickr_singleparentspecials

flickr_singleparentspecials

ハーバード大学が1938年から75年間にわたり継続している「Grant Study」という研究がある。ハーバード大学の男子卒業生268人を対象に、その後の人生を追跡調査したもので、対象者は2年に1度、健康診断、心理テスト、面接などを受けており、「幸せな人生を送るために必要なものは何か?」を見極めるための分析がなされてきた。

その中でも興味深かったのは、母親との関係だ。幼少期に母親と温かな関係にあり、密接な絆を結んでいた男性は、そうではなかった男性に比べて、仕事における効率性が高く、ピーク時(55~60歳)の年収が8万7000ドル(約890万円)も高いことがわかった。また、母親との関係がよくなかった男性は、老年期に認知症を発症する確率が高くなることも分かっている。父親との関係においては、こういった相関関係は見られなかったそうだ。

ここまで書くと、「父親は何の影響もおよぼさないのか?」と言われそうだが、幼いころ父親とよい関係を築いていた男性は、75歳時の調査で人生の満足度が高く、不安のレベルが低いことが分かっている。母親と密接だった男性についてはこのような相関関係は認められなかったそうだ。

この研究は、幸福な人生を送るためには総じて「人間関係」が重要であることを裏付けており、42年にわたり「Grant Study」を率いてきた精神科医George Vaillanは、この研究をまとめた自身の著作の中で「幸福とは愛です(Happiness is love)」と結論づけている。

《関連記事》

Posted: |Updated:

Text by 近藤辰也

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング