シェア

バグパイプでヘビーメタルを弾く男が話題

IRORIO20130701_012jpg

オーストラリアの路上で活躍するとある大道芸人の動画が注目されている。モヒカンに刺青、黒ずくめの衣装はロッカーっぽいけど、スコットランドの民族衣装「キルト」のスカートをはいて、バグパイプを抱えているのだ。おかしな取り合わせでも、まったく違和感がないのがスゴい!

彼が演奏しているのは、人気ヘビーメタルバンドAC/DCの『Thunderstruck』。腕を振り上げつつ演奏していると、バグパイプが火を吹くという過激さ。いったい何者だ?

彼は「The Badpiper」と呼ばれるミュージシャンで、オーストラリアのパースを中心に活躍しているとか。またCDも出していて、元々は伝統的な音楽を吹いていたのが、だんだんロック化が進んでいき、気が付いたらヘビメタを吹くようになったらしい。

オーディション番組『Australia’s Got Talent』にも出演していて、オーストラリアではちょっとした有名人らしく、彼のFacebookページは現在28,000人以上のユーザーが「いいね!」が押されている。

伝統的な楽器でヘビメタというギャップ受けで、7月現在、この動画は120万回以上再生されている。YouTubeで人気に火がついたミュージシャンやパフォーマーは多いが、ネクストブレイクはもしかして彼かもしれない?

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=K-Op1Mng4oY&feature=player_embedded[/youtube]

The Badpiper

    Posted: |Updated:

    前の記事を見る

    次の記事を見る

    注目の記事

    Ranking