シェア

言葉が通じない相手とお菓子を作れる?子供たちが言葉の壁を超える動画

オカシなお菓子/YouTube

オカシなお菓子/YouTube

子供向け英会話スクールのCOCO塾ジュニアが2月9日、動画「オカシなお菓子づくり」を公開しました。

動画では初対面で国籍が異なる子どもたちが、お菓子づくりを通じて言葉の壁を越えられるのか検証しています。

▼動画「オカシなお菓子」

台本なしのストーリー

子供たちは外国人、日本人の2人1組になり、お菓子づくりに挑戦。

レシピは英語と日本語が混ざっているので、苦戦しながら菓子を完成させていきます。

sub6

オカシなお菓子/YouTube

始めは会話をすることなくお菓子づくりを始める子供たち。お互いの存在を気にしながらも、初対面で言葉も通じないので戸惑っています。

オカシなオカシ/YouTube

オカシなオカシ/YouTube

しかし、時間が経つにつれて子どもたちに変化が現れます。ジェスチャーや片言の英単語を使い、一生懸命にコミニュケーションをとり始めます。

sub25

オカシなお菓子/YouTube

結果、3組の子供たちは、無事にお菓子づくりを完成させることができました。

子どもたちの心境の変化

お菓子づくりが終わり、お別れの時間に。日本人の子どもたちは感謝の気持ちを伝えたいものの、英単語が分からずぎこちないままお別れをすることに。

撮影後の第一声は「もっと会話がしたかった」でした。自分の思いを伝えられないことに悔しさでいっぱいだったようです。

大人でも、分からない言語を話すことに戸惑いを感じてしまいます。積極的に自分の思いを伝えようとする子どもたちにパワーを感じさせる動画です。

Posted: |Updated:

Text by 後藤みき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング