シェア

花粉症対策に!アロマのプロ「ニールズヤードレメディーズ」に聞く症状を和らげるアロマ

イメージ/fotolia

イメージ/fotolia

花粉症の人にとって辛い季節が近づいてきました。

少しでも症状を和らげるために対策できるグッズはたくさんありますが、リラックス効果の高いアロマにも症状を和らげてくれるものがあります。

花粉症の人にぜひ試してもらいたいアロマを、アロマのプロ「ニールズヤードレメディーズ」に教えてもらいました。

フランキンセンス

フランキンセンス/ニールズヤードレメディーズ

フランキンセンス/ニールズヤードレメディーズ

ウッディー系の深い香り。粘膜を鎮静する効果があります。

喉のイガイガなどの気管支系のトラブルに、香りを吸い込むと効果的です。

ティートリー

ティートリー/ニールズヤードレメディーズ

ティートリー/ニールズヤードレメディーズ

頭をスッキリさせるようなフレッシュな香り。

オーストラリアの原住民アボリジニが古くから、感染症などの応急措置に使用していたといわれています。抜群の殺菌力で空気をクリアにします。

ユーカリプタス

ユーカリプタス/ニールズヤードレメディーズ

ユーカリプタス/ニールズヤードレメディーズ

清涼感のあるスっとした爽やかな香りは、鼻や喉がムズムズしたときにすっきりとした気分に導きます。

主成分の「酸化物類1.8シネオール」は、喉などの粘膜の炎症を抑える作用や、抗ウイルス作用、痰の排出を助ける作用、免疫調整作用があります。

また、空気をクリアに整えます。

花粉症の症状を和らげるために効果的なアロマの使い方

アロマはディフューザーで楽しむ方法が一般的ですが、マスクを使い、ディフーザーなしでアロマが簡単に楽しめる方法をニールズヤードレメディーズにお聞きしました。

・マスクにユーカリのアロマを数滴垂らし、香りを吸収する。

※アロマが直接肌に触れないように注意。少ない量から試すのが良い。

・エアフレッシュナーを作り、気になる時に吹きかけて空気をクリアにする。

無水エタノール小さじ1にアロマを5滴(ユーカリ2滴、フランキンセンス2滴、ティートリー1滴)混ぜ、精製水25mlを加えてよくかき混ぜる。

・鼻、喉がイガイガ辛い時は洗面器にアロマを1~3滴くらい垂らし、蒸気を吸い込む。

※バスタオルなどをかぶり蒸気が逃げないようにすると、より効果的。

良い香りでリラックスもでき、花粉症の症状を和らげることができるアロマ。

花粉症対策のひとつとして、取り入れてみるのも良いかもしれません。

Posted: |Updated:

Text by 後藤みき

Ranking

All Categorys Ranking総合ランキング